<   2005年 11月 ( 51 )   > この月の画像一覧
六花亭のクレームブリュレ
e0054231_2231854.jpg神奈川県民時代には、お土産でいただくバターサンドが
美味かった。なのに、自宅からアクセスが良い場所に直営店
が出来たのに、なかなか行かない。行くのは東京からの客人
を連れて行く時くらい。オシャレなお店だ。e0054231_22223126.jpg

窓の向こうに見える五稜郭
公園の景色は絵画のようだ。
クレームブリュレ、¥150。
コストパフォーマンス高いё
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-30 22:24 | テイクアウト大好き!
ポンサンクルーとノイフランクと、はこだてわいん
e0054231_22354369.jpg
ポンサンクルーのパンをいただく。美味いё
黒ゴマのパンとオリーブのパン、だったかな?
ちょっと前の出来事なので記憶が曖昧。
最近、記憶が曖昧な事が多いなぁ。。。

e0054231_2238964.jpg

パンの右上に見えるのは、ノイフランクのハム。
これがまた、ギネスに合う。ウインナーも勿論美味いё
荒挽きや和風やオリジナル、本格的な味だ。
これもまたギネスに合う。

e0054231_22442749.jpg更に珍しく、白ワインをいただく。我はここ数年、専ら赤ワイン。
それも成城石井で購入するイスラデマイポ社の
カベルネソヴィニヨンレゼルヴァのみだった。
ケルナーは葡萄の品種名。フリーランは製法の一部を指す。
機械的に圧力をかけず、葡萄自身の重みで搾汁するという。
とても飲みやすく、でも軽いだけではない旨味のあるワイン。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-29 22:49 | テイクアウト大好き!
ベルギービール宅飲み
e0054231_20505673.jpge0054231_2051748.jpge0054231_20511873.jpg
いずれも、アルコール度数8%台の濃いぃービール達。美味いё
フルーティーな味わいもあり、でもズッシリとした苦味もあて良い。
東京時代に買ったグラス達が、久々に活躍したのだった。

e0054231_2152420.jpge0054231_2153710.jpge0054231_2154697.jpg
カールレイモンのサラミが、ベルギービールに合う。
まだ出番を待つグラス達が、本棚にいる。
オルヴァル、ホフブロイ、サン・セバスチャン、レーベンブロイ等。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-28 21:04 | 宅食大好き!
シュウエット大好き! 2周年ё
e0054231_2037795.jpge0054231_2037569.jpge0054231_20381448.jpg
2周年だ。
開店当初からのファンとしては、この2年間は「飛ぶ鳥を落とす」勢いで、
ペシェやスナッフルズやメルヴィーユに迫るのでは、と可愛さあまり感じてしまう。
一方、メジャーになる事で、我が子が遠い存在になるような、複雑な心境でもある。

さて、記憶が曖昧なのですが、確か29日・30日で2周年記念。
¥1,200オーバーお買上げ先着100名に、サンクスボックス贈呈(だったかな?)。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-28 20:46 | ケーキ大好き!
太陽と雲と
e0054231_2110665.jpge0054231_21101734.jpg
天気予報通り?曇りから晴れに転じるかに見えた。左は東の空、右は西の空だ。
右の写真は、飛行機の中から撮ったのではない。標高にして約200m前後だろうか?
「もどきの丘」と呼ばれている場所より、やや上方から撮影した。

e0054231_21152992.jpge0054231_21154011.jpg
濡れた路面に、陽の光が反射して美しい。寒さの中でも草木は逞しい。

e0054231_2117270.jpge0054231_21171257.jpg
雲が低い。四季の杜の後方には、モクモクと雲が横たわっていた。

e0054231_21183158.jpge0054231_21184346.jpg
陽の光が海面を照らし始める。オレンジがかった色に輝く。刻一刻と輝きが変化する。

e0054231_21193662.jpge0054231_21194570.jpg
雲と太陽のが交互に顔を出す。やがて、函館山に陽が降り注いだ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-27 21:21 | 道南百景
マンマ・ボーノで、リラックスランチ
e0054231_19295831.jpg上磯町追分にあるお店。大野新道から西桔梗側に入る。
オシャレな一戸建てが整然と並ぶ新興住宅地の中、
住宅然とした店構えで、マンマ・ボーノがある。
実際、2Fは住宅のように見える。
お店の方も、脱サラならぬ脱主婦した方のように
見えた(間違っていたら、ゴメンナサイ)。

e0054231_1933542.jpge0054231_1934238.jpge0054231_19341130.jpg
水菜とエノキが入ったスープ。コショウが効いたシンプルな味わい。
カルボナーラ。これも水菜が添えられており、クリームもシンプルで美味い。
タラコのパスタも同様。更に海苔が添えられて、これまたシンプル。
どれも、自宅で出来そうな、スゴク料理上手な奥さんがいる友人の家で、ご馳走になっている
ような、そんな感覚でいただける料理だ。

e0054231_2035542.jpge0054231_2036268.jpge0054231_20361313.jpg
はっきり言って、取り立てて絶的ёに美味しいという訳ではない。
でも、家庭の延長線上のような、リラックスして食事出来て、美味しいお店だ。
今日はパスタだったが、次回は「野菜ソースの煮込みハンバーグ」や、
「チキングリルのニンニク・・・(忘れた)」をいただきたい。きっと再訪すると思う。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-27 20:42 | パスタ大好き!
今日の一枚 
雲間から陽が射してきた。海面が鮮やかに輝く。
e0054231_1548308.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2005-11-27 15:45 | 道南百景
Cafe TUTUで、ボロネーゼランチ
e0054231_7352266.jpg金森倉庫のややはずれにある、センスあるお店だ。
お店の前をこれまで何回も通過していながら、
未訪問だった。午後からは満車となることを見越して
昼前に国際Hの駐車場に突入、Cafe TUTUまで
歩いたのだった。

e0054231_7403168.jpge0054231_7404198.jpge0054231_7405237.jpg
美味いё
Cafeとしては充分過ぎるほどで、リストランテとまでは言えないが、トラットリアとして
出しても何ら問題の無いくらいの味だ。
左の写真がボロネーゼ。
シンプルな手作り感とともに、しっかりと挽肉とトマトソースの旨味がある。
真ん中の写真は、奥さんがいただいたカニのクリームソース(だったかな?)。
当然、一口いただいたのだが、これも美味いё。
右の写真がスープ。これも美味いё
ベーコンと玉ねぎが充分に煮込まれていて、ピーマンが程よい苦味で
全体を引き締めているのが良い。

e0054231_7475355.jpge0054231_748123.jpge0054231_7481293.jpg
お店全体の雰囲気とそれを構成する調度品達がオシャレだ。
椅子が良い。お尻と背中にピッタリとFITする感覚。なんか有名な椅子らしい。
フクロウの目をオブジェ化したかの如きスピーカ。
ケーキや果物のケース。
そうそう、食後もコーヒーが美味しかった。これが本業か。
その場で焙煎しているので、薫りが違う。コーヒー本来の苦味と匂い立つような薫り。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-27 07:55 | パスタ大好き!
谷村 志穂氏の講演 ~第19回地域振興フォーラムにて~
「歴史を通じた函館の魅力」~歴史・海・文化から~と題して、ギャラリー店主の村岡氏が
進行役となった対談形式で行われた。国際Hの会場には、想定の200名を超える来場が
あったようだ。大変興味深いテーマ設定に加え、谷村氏の知名度や美貌も相まって、
多数の来場者が集まったと思われる。

内容は、谷村氏の函館との関わりや、小説「海猫」執筆でのエピソード等に始まった。
更に小説を書く時のインスピレーションや実体験との関わり等の話の中で、函館の歴史や
風景の持つ個性が語られた。

対談の中では、函館の豊かで美味しい食、歴史ある独特で個性ある風景、函館ならではの
方言等がキーワードとなり展開され、谷村氏の函館移住をラブコールして終了した。

元々、何らかの結論を導き出す為の対談ではない(と我は解釈しておりました)ので、
今日の対談を聞いた来場者の一人ひとりが、何かひとつでも気付きや見直しがあれば、
充分な収穫と思う。

我の場合は、函館の風景である。こちらに転勤してきて2年半、視線が食に偏り気味と
自覚はしていた。風景に関しては、専ら夕焼けや紅葉等の自然を対象としていて
(それはそれで大切な財産だが)、西部地区の建造物等にあまり目を向けていなかったので、改めて散策したいと思った。

都会の建造物は、そのデザイン性においての美しさはあっても、それは経済的背景から
ある日突然に出来上がるものであり、そこに歴史は無い。
函館の建造物には歴史がある。建造物は歴史というオーラを纏い、見る者の想像力を
かき立てる。それは著名な教会等の建造物に限らず、街中の商店等全てに共通する。

対象を限定せず、函館の個性に今後も目を向けていきたい。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-26 16:00 | 函館では
今週の履歴 ●○●●○●●
2勝5敗。
日曜には、公園ジョギング。高橋尚子の優勝を観た興奮冷めやらぬ内だったので、
オーバーペースにならないよう、充分に留意して走った。
水曜の祝日は、負荷トレ。来週は勝ち越そう。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-25 23:56 | トレーニング