<   2005年 10月 ( 41 )   > この月の画像一覧
ブログに関する考察 ②
前回記事の続きにならないが、今日はブログが爆発的に増殖している要因を探る事から、
そのメリットとデメリット(認識すべきリスク)を考察してみたい。

現在のブログ利用者の正しい数値は、誰にもわからない。数百万?と言われ、
日々激増している。一方で「死に体」となっている、つまり殆ど未更新のまま放置
されているブログも多数あると推測される。我の旧ブログもそのひとつ。

このように激増するのは、特別な知識の必要が無く誰でも、すぐに始められる点にある。
おまけに無料なので「やるぞ」という決意も必要なく、お試し気分で登録している内に
スタートしてしまう人も多いだろう。

もうひとつ、ブログ激増の大きな要因は、トラックバックやコメント機能による双方向性に
あるとされている。趣味や考え方等、共通のフィールドに興味を持つ他者と容易に
コミュニケーションを図ることが可能だ。

この大きく2つの要因が生むメリットは何だろうか?
まず母数が増えることでのメリットがある。母数が増えることで、幅広くコミュニケート
出来る可能性が広がり、いい意味での刺激を受けたり、情報を交換出来たり、
ブログをきっかけに友人が出来ることもあるだろう。

逆に母数が増えるで、そこにインモラルな他者の存在を排除することが出来ない。
インターネットは未だ無法地帯であり、そこに参加する者にモラルが求められるが、
誰でも容易に始められる点において、様々な人々が存在してしまうのは避けられない。

トラックバックやコメント機能にも注意が必要だ。
双方向性は、それを可能とする仕組みがあるだけの話で、画面上に表示される言葉は、
ある意味で一方通行とも言える。

Face to Faceの場合、私たちは無意識の内に、相手の目や表情、声のトーンや
アクセント、身振り手振りに至るまで、あらゆる五感を駆使して相手の真意を
汲み取ろうとしている。

つまり画面上に表示される言葉のみの情報は、時に受け手側を不安にさせたり、
要らぬ憶測をさせたり、怒りを生んだりする危険性を常に秘めていることに注意が必要だ。
我自身、今年ブログを始めた初心者であるが、既に「シマッタ!」と反省した事がある。

結果的に、それは要らぬ心配だったり、全く相手側には悪意が無いことも多々ある筈だが、
一瞬とはいえ、人を不安にさせる点において、一方通行なのである。

メリットがあれば当然デメリットもある。それに振り回されない常識感覚と、実生活との
バランス感覚が重要だと思うのだ。

 つづく
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-13 21:06 | ブログに関する考察
エスプレッソ+バニラアイス
e0054231_19275873.jpg夏が過ぎて短い秋となり、我が家のコーヒーも
アイスから、衣替えとなる。
熱く濃いエスプレッソを一口飲む。この苦味がいい。
続いて、傍らのアイスをいただく。これも美味い。
次に美味いものどうしを混ぜる。

e0054231_1931663.jpg色合いも美しく、ラテ?ウィンナーコーヒー?が出来る。
美味い。普通のアイスコーヒーやホットコーヒーの場合、
ケーキ他デザートが合う。
しかし、これは独立して美味い。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-13 20:11 | ケーキ大好き!
西ききょう、強行
e0054231_20443373.jpg早口言葉ではない。
かなり久々に、西ききょう温泉に行った。
風邪が1w以上、くすぶっている。
10月に入ってから、丸々休んだ日は無い。
今月の温泉は、一昨日アップル温泉に行った
1回のみだ。かなり由々しき事態と言えた。
18:30に帰宅する。これまた久々に軽い負荷トレを行う。
先週のトレーニング履歴は全敗、かなり身体がナマッていた。
軽い負荷トレの内容は、旧ブログで触れたきりなので、復習しておく。充分なストレッチの後、
・腹筋①膝を立てた仰向けで、自分の腹を覗く程度を100回
・腹筋②仰向けで、両足を揃えて真っ直ぐ前方に伸ばす、腹に向けて曲げるを20回
・腹筋③仰向けで、足を曲げて交錯させ、手は頭の横、右肘を左膝、及び逆を各20回
・背筋 うつ伏せで、両足を伸ばした状態で、床から上げる。
     右足を曲げて左足上方に持って行く&逆を各20回
・拳立て伏せを30回
・ハーフスクワットを70回
ちゃんとトレーニングしている人からみれば、1~2回深呼吸する程度の負荷だ。

もとい。今日は温泉の話だった。
いつも通り、即露天に出て、向かって右側の温め浴槽に浸かる。
今日は、この浴槽しては、やや熱め。始めに浸かる湯としては丁度良い。
タイミング良く、管理人さんが来て、湯温を計る。49.9度だった。
普通の温泉なら、立派に高温だ。

真ん中の熱め浴槽は、46.6度。それを聞いて「チャンス」と思う。
47度を越えていることも多いのだが、流石に熱くてじっくりと浸かれない。
46度前半くらいが、じっくりと温まることが出来る。
入って瞬間は「ここにしては、温いな」が第一印象だが、それで良い。
2分も浸かっていれば、充分温まってくる。最初から「ちょっと熱いな」と感じた時は、
1分も浸かっていると、もう入っていられない。

もう既に、風邪が快方に向かっている気がする。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-12 21:10 | 温泉大好き!
ブログに関する考察 ①
ブログとリアルライフとの距離感、及びそのバランス感覚について考える。
きっかけは、日経BPの記事である。(ちょっと古いですが)
記事の米AOLのブロガーを対象とした調査によれば、
約50%がその目的を「自己セラピー」と位置付けている事と、
殆どのブロガーが、2つ以上のブログを持っているという調査結果がレポートされている。

米国人と日本人での、物の捉え方や表現の差異はあるだろう。
同じような調査をすれば、日本ではおそらく「友人とのコミュニケーション」とか
「自分の趣味」とか「アフィリエイトでの小遣い稼ぎ」とか「食べ歩き」といった回答が
見られるのではないか。

しかし、それらはあくまで表面上の「キャラ」だったり「手段」だったりするだけで、
実際にはそれらを通じて、何らかの自己セラピーを施しているのではないか、と思う。
ただ単に、本人が気づいていないケースもあるだろう。
つまり、ブログというツールを利用して、新たな友人が出来たり、
自分の頭の中を整理したり、見つめ直したり。。

そういった効用的な面で言えば、古来の日記に通じる部分もある。
但し、ネットに公開されている点に大きな違いがある。
TBやコメントにより、他者と容易に繋がり、濃ゆい情報を交換出来たり、励まされたりする。
しかし、それはまた一方で、誰に覗かれているのかわからないリスク、
誹謗中傷に晒されるリスク、予想外のコメントや言葉の端々からのダメージ等、
もある両刃の刃であるとも言える。

よって極論を言えば、ブログを始める時には、最悪の状況を想定した覚悟や、
ブログ上の自分のキャラクターを演じ続ける(演じなければ、続けられない)覚悟も必要だ。
(・・・ちょっと大袈裟かもしれないが・・・)
冒頭に紹介した米AOLの調査の「2つ以上のブログ」を持つ人が多いのは、
この辺に要因があるのだろう。
楽しく明るい自分、独白したい自分、ごく限られた親しい友人にのみ読んで欲しい内容等、
様々な自分がある筈だ。

つまりブログ上の自分と実際の自分は、100%イコールではないケースが多いと思う。

 つづく
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-11 22:57 | ブログに関する考察
久々のスズボク
10月1・2日は、シー・コンベンション対応だった。
そして、土曜からの3連休は、顧客のシステム切替で出勤する。
つまり2週連続で休日が無いのであった。

今日、ようやく目処がつき、15時頃に仕事が終了し、16時前には帰宅する。
さて、どうするか?さして検討の時間を要さずに、スズボク行きが決定する。
最近、函館ブロガー様の中でも流行気味なのに、我はまだ新メニューの栗ソフトを
食べていなかったのだ。「スズボク」命名者?なのに!

函館新道にのり、上磯方面に向かう。2車線になったところで、追い越し車線に入り、
はやる気持ちを抑えつつも、一気に150km/hに加速して、前方の車を全て抜き去る。
やや右前方、すなわちスズボク方面の上空は、真っ黒な雨雲に覆われている。

e0054231_2111648.jpg予想通り、スズボクは雨。そして、デジカメを忘れてきた事に気づく。
久々の休日行動に、少々浮き足立っていたという事だろう。
左の写真は、以前撮ったものを、看板部分だけトリミングした。
当然、期間限定の「栗ソフト」をいただく。美味い。
皆さんのブログを拝見した前評判通り。見た目は、牛乳ソフトと殆ど変わりない。
ほんのりと僅かにほど良く、栗の味が感じられる。あくまで牛乳ベースだ。

ともすれば、栗ソフトと言われなければ、何の味かわからないかも?ってくらいに、
微妙な味付けだ。それが、大変良いё
バニラとは別の、サッパリとしたしつこくない甘みを、牛乳ソフトに加えた結果であり、
その素材がたまたま栗だった、って感じだ。

改めて、スズボクのセンスに感心したのだった。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-10 21:14 | 食べある記
今週の履歴 ●●●●●●●
おっ、プチトレーニングを始めて、抜釘手術期間を除いては、初の全敗。
また来週、もしくは再来週あたりから、出直せば良い。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-07 08:09 | トレーニング
酒の履歴書 ②
高校に入ってからは、バーボンに手を出す。
今でこそ安くなったが、当時¥8,500もするジャックダニエルを呑む。

皆、水で割るのがダサイと思っていた。
ストレートでクイッと飲って、喉の熱さに耐えながら「うまい」なんて、ほざいていた。
誰も心底「うまい」とは、思っていなかった。
おまけにタバコも吸うので、その内に倒れるヤツが出てくる。

倒れたり、吐いたりが、ひとしきり落ち着くと、夜の街に牛丼を食いに出かける。
当然?自転車を二人乗りして、タバコも吸う。警察に見つかり、拇印を押す。
そんな事をやっていた。

ある時、友人宅で真昼間から呑んで、今思えば急性アル中になった。
ジョッキ程もある大きなグラスに、REDをストレートで2杯呑んだ。
僅か30分以内だったと思う。その後の記憶はない。
気が付いたのは夕方で、殆ど全裸の我の身体のあちこちには、
バカヤローといった落書きで埋まっていた。

2度と酒を呑むまい、と思った。辛かった。
しかし、若い身体は回復が早い。その日の夜には「こんな事ではイカン」と思い、
翌日からは酒を断つのではなく、酒を鍛える方向に向いてしまった。

腹筋やスクワットを何百回もやる。その後に、安いウイスキーをちびりちびりと呑む。
大学に入った頃には、ワインを1本空けてから、
深夜のドライブに出たりするようになっていた。
昔からバカだった。。。

だんだんと、酒の履歴書から、ただの懺悔録になりそうだ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-06 23:59 | 酒の履歴書
お詫び/ご報告
先日の某とみやでの一夜は、楽しかったです。
きっと我が、その記事をアップするだろうと、コメントを待ち構えていた?いた皆様、
申し訳ございませんでした。

何ら他意はなく、なんとなく書きそびれたのでした。
・土日に余裕が無かった。
・写真を撮っていなかった(会社帰りで、デジカメ持っておらず)。
・皆様が、充分に記事をアップされていた。
・我は既に、某とみやに関する記事を、これまでに沢山アップしている。

と、そんな言い訳です。

相変わらず、不束なブログですが、今後ともMをご指導願います。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-05 23:59
公衆浴場法改正
どうも、オジサマ(笑)なんだか、疲れやすくなったようだ。
日中も眠い。当たり前だ。土日に慣れない事をしたばかりか、
夜中に起きてMLBを観ているのだから、疲れて当然とも言える。

明日からもしばらくは、遅い日が続きそうなので、今日はきっぱりと18時過ぎに退社する。
仕事後の温泉は久しぶりだ。
月曜なので、アップル温泉や北美原温泉が定休日である。
折角の平日なので、普段土日混んでいる、花の湯にむかう。

行ってみると、料金がこれまでの¥370→¥380に、¥10値上げしていた。
「おー何だ、値上げかー!」
が第1印象だが、元々が安いので、文句を言う筋合いではない。

東京近辺で、花の湯並みの設備を備えた「スーパー銭湯」では。¥600はする。
なのに、値上げだなーという印象になってしまう。
環境への慣れは、怖ろしい。逆に言えば、環境を変えたり、視点を変えたりすることで、
違う世界や違う感覚が見えるのだろう。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-03 21:30 | 温泉大好き!
はこだて・シー・コンベンション 2005
函館としては、大規模なイベントだ。
今回、我は縁あって出展者の一人として参加させていただいた。
30を超える企業や団体の出展、アカデミックの研究成果発表、各種の試飲及び試食、
各種ライブやトークと、盛り沢山の内容。
今の函館の動きを知り、更に今後の函館の発展を考える人達にとっては、
外せないイベントだったと思う。

初日、10時会場前には関係者によるオープニングセレモニーが行われた。
商工会議所会長のご挨拶、渡島支庁長のご祝辞に続き、
関係者代表者によるテープカットの後、函館 巴太鼓による演奏が行われた。
正面玄関の天井の高いスペースだったこともあり、
太鼓の大音響が肺や内臓を揺るがさんばかりに響く。

初日はあいにくの天候。お客さんの出足が心配されたが、まずまずだったように思う。
各種展示については、キトラさんのブログに詳しいので、参照願いたい。
今回我的に興味を持っていたのが、
アカデミックの研究成果展示と参加各校による地域企業紹介、
及びマッキー牧元さんのグルメトークであったが、どれも殆ど見学出来なかった。
そんな中、拝聴(写真を撮れた?)出来たイベントのみ、紹介しよう。

e0054231_7265473.jpge0054231_72741.jpge0054231_7271661.jpg
お子さん連れの来場者が多かった中、人気を集めていたのが、公立はこだて
未来大学「ロボットミュージカル」のステージ。進行のアナウンスや音楽に合わせて
ロボット達が、自己紹介したり踊ったりする。

e0054231_7282490.jpge0054231_728416.jpge0054231_7285075.jpg
我が聞きたかった「はこだてグルメトーク」。
あまり自分のブースを外している訳にも・・・と思っていると、
某T-5氏(あまり伏字になってですが・・・)が聴講されているのを発見。
某氏のブログで確認させていただけるだろう、と勝手に判断をする。
阿佐利の肉の上質さや、しゃぶしゃぶの並々ならぬ美味さ、イカの美味さ等を
語られていたようだ。

このイベントが、少しでも函館が活性化するトリガーとなる事、今後もこのようなイベント
が開催される事を期待する。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-02 23:59 | 函館では