<   2005年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧
こなひき小屋のバタール
日曜日の事。夕食は、江戸老舗めぐりで買い求めた「銀だらの西京漬」の予定だった。
しかし、スズボク後に湧き水を汲みに行く途中、
通りかかった七飯の「こなひき小屋」の駐車場が、珍しく空いていた。

早速、突入してお店に入ると、バタールのこんがりとした風味が漂っていた。
我は薄味であると同時に、香りにもウルサイほうだ(酔っ払ってなければ)。
その瞬間、夕食の予定であった「銀だらの西京漬」は、
見事なまでに頭の中から消し去られる。

奥さんと夕食メニューの変更につき、急遽協議する。バタールに合うメニュー候補として、
ノイフランクのウィンナー類とシチュー系が挙がる。比較的すんなりとシチュー系に決定し、
更にしばらく封印していた、南米はチリのイスラ・デ・マイポ社のカヴェルネ・ソーヴィニョンを
開ける事も、合わせて決定する。
e0054231_2174346.jpg

バタールを切る。ヘタをすれば口の中を切りそうな、カリカリで固いフランスパンが
好きな方には、やや物足りないかもしれないが、逆に言えば食べやすい。
中はフカフカして、シンプルなパン本来の味わいがある。全ての食物に共通するが、
味と食感のバランスがあって、はじめて美味いと感じるものだ。

このバタールは、そのバランスがよく美味い。
但し、美味いと言っても、あくまでシンプルな味。
バタールはあくまでメインを惹きたてる為の、言わば脇役的存在であり、
あまり出しゃばり過ぎてもいけない。

e0054231_2183837.jpg
赤ワインがまた美味い。東京地区を中心に店舗展開する
「成城石井」が直輸入しており、
我の知る限りでは他では手に入らない。
ワインも他の酒同様、大枚はたけば美味いものが飲めるが、
一般庶民としてはコストパフォーマンスを重視する事となる。
このワインは、大抵¥1,300前後で買い求めることが出来る。
この価格帯の赤ワインとしては、頭一つ抜きん出ていると思う。

しっかりとボディーがあるが、決して重過ぎず、かと言って安っぽさを感じるような
軽さもない。口に含む前と喉を通した後に、芳しい香りがあり、でも余計な後味を残さず、
メイン料理を邪魔しない。

ワインに話題が逸れたが、バタールと一緒に買ったバターロールも美味かったことを
付け加えておこう。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-14 21:17 | テイクアウト大好き!
大胆に挑発する木!? Part2
e0054231_20324054.jpgこれは、わからないだろうなー。
日曜日に発見しました。日曜の我の行動は、このブログを読んでいらっしゃる方なら、おわかりですね。しら川でソバをいただいて、水汲みに行って、スズボクに行って・・・
うーん、書いてないトコあった。横津岳に行ったなぁ。
って言っても、わからないだろうなー。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-12 20:36 | 函館では
そば切り工房 しら川 ~もりセイロ~
e0054231_1703589.jpgもう4~5回目だ。いつ来ても感じるのだが、一口に言ってお店がきれいだ。建物の造作や、テーブルや椅子他の調度品のセンス、そしてそれらが日々欠かすことなく、丁寧に磨かれているのを感じる。
新しくセンスの良い調度品も、メンテナンスを怠れば、すぐに廃れてしまう。また、そんなところが少しでも見えてしまうと、肝心の料理の方も・・・
なんて余計な心配までしてしまう。逆に、「しら川」はお店のメンテナンス同様、繊細で丁寧な料理をいただけるのでは、と期待させてくれる店構えなのだ。

e0054231_178613.jpgいつも通り、もりセイロの1段をもらう。食欲旺盛な方は、2段が良いだろう。普通の方は1段でも昼食として充分で丁度良い量だと思う。
ツユが美味しい。薬味がまた良い。わさびはチューブから出てきたような代物では無いことは、一目瞭然だ。ネギは円周の少ない、色の白い部分だけが盛られており、主役のソバやツユの邪魔をしない。
ソバは当然、手打ちである。強いコシを求める向きには、やや物足りない茹で具合かも。麺の長さが良い。よくツユの器にソバを移す時、なかなかソバの切れが悪い場合がある。ここはソバの長さが丁度良く、箸で一口分の分量を摘んで、軽く持ち上げれば自然と切れる、そんな長さで大変食べやすいのも特徴だ。

メニューは他にも、沢山ある。一度夜にも訪問したのだが、天ぷらや、フランス鴨の塩コショウ焼、長野産の馬刺し、出汁巻玉子等が美味しく、エビスが進む。夜は20時までなので、要注意です。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-11 17:22 | おそば大好き!
今週の履歴 ●○○○●●●
先週の日曜に、五稜郭公園を散歩する。無料駐車場付近からの残り半周を、超スロージョギングし、いい汗をかいた。月火と快調に起床後の負荷トレをこなす。

が、ここまで。水木金は負荷トレせず。何故しなかったのか、忘れてしまった。まー良い。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-11 03:17 | トレーニング
RISTORANTE La.Stalla(ラ・ステラ) 夜の部
先週日曜の昼に初訪問し、その場で夜の部再訪を即決していたお店。
まずは生ビールをあっという間に飲み干す。注文したのは、¥3,150のコース。

e0054231_2262472.jpg

前菜が美味い。
全て美味しかったのだが、個人的には
生ハムと豚肉のソテーのジェノベーゼクリーム(かな?)が、激ウマё
e0054231_2210532.jpg
美味しいものをいただくと、
どんどんビールを飲みたくなるが
人情というもの。
生の次は、イタリアのビールを飲む。
ビール本来の、しっかりとした苦味があって、大変よろしい。

e0054231_22153815.jpg
パスタは自由にチョイス出来る。
オーソドックスなカルボナーラにする。
これには、かなりヤラれた。
クリームソースの味、
厚めのベーコンの風味、
やや固め加減のコシのあるパスタ。
激ウマの上のランクである、絶ウマだ。

この後は、肉料理をいただく(魚料理も選べる)。そしてデザート(これも選べる)とコーヒーで、
終了。とにかくカルボナーラのウマさに恍惚としてしまい、その後の記憶さえ曖昧である。
(決して、呑んだくれて記憶が曖昧なのではありません)

e0054231_22254449.jpg
ライトアップされた五稜郭公園の
美しい木々の緑を観ながら、
次回は何を食べるか、考えている。
パスタのみのコース+サイドメニューの線だ。

地鶏のロースト、仔牛のソテー、ローストビーフ、
マグロのカルパッチョ、牛胃袋のローマ風・・・。
もう、腹が減ってきてしまった!
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-10 22:31 | パスタ大好き!
眠れずに雑記
なかなか寝付けずに、起きてPCに向かう。

まだ22時前だが、夜中の2時に起きてMLBヤンキース VS レッドソックス戦を
観なければならない。終盤戦のこのカードは、絶対に見逃せない。ということで、
20時半には横になるも寝付けずに、キリンラガーのレギュラー缶をジョッキに注いで、
ふた息で飲み干す。

MLBが終わるのは、朝5時過ぎ頃だろう。元気があれば、それから西ききょう温泉に行こう。
睡眠を充分に摂っていれば、ジョギングしたいところだが。
温泉の後には、朝食とギネスが待っている。これで、また昼寝となるだろう。
8時から、11時からと明日はMLB中継が続く。行きたいラーメン屋さん他あるのだが、
外食出来そうにない。

MLBが一段落すれば、お約束の湧き水汲み→スズボク。
そうだ、明日はスズボク隠れ成り行きオフって噂もあったなぁ。
いつも通り、牛乳+イタリアンチョコで攻める予定。

晩飯は何だろう。おそらく、銀だら西京漬だろう。そろそろ、江戸老舗めぐりで食したものも
まとめよう。それ以前に今日の夕食のラ・ステラをアップだな。我が家内のパスタ戦争で、
No1に躍り出たお店だ。今日のカルボナーラも絶ウマだった。

そろそろ、寝ようっと。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-10 21:44
キリンのブラウマイスター
e0054231_11112787.jpg
特にビール好きでない方々には、馴染みの薄いビールかもしれない。ドイツはマイスターの国だ。あらゆる種類の職業にマイスター制度があり、その資格を取らなければ、その道の職人/プロとして認められない。

キリンのビール職人が、ドイツに渡りビールのマイスターを取得して帰国、ホップの選定から醸造に至る、あらゆる工程に関わって造られるビールとして発売されたのは、もう10年以上前だろうか。

当時は、酒屋さんにケース単位で事前注文しないと、手に入らないビールだった。
それも大瓶のみ。それが、先日セブンイレブンで、それもレギュラー缶で売られているのを
発見、迷わず購入した。セブンとヨーカ堂の限定販売らしい。

アルミ缶の匂いが危惧されたが、そんな心配を忘れさせるビール本来の味わい。
そう、ドイツでは昔からMALT100%以外は、ビールとして認められていない。
ビール好きには、是非お試しいただきたい一品。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-09 23:59 | 食べある記
大胆に挑発する木!?
e0054231_215458100.jpg♪このー木、何の木、気になる木ぃ~♪
・・・・赤松です。
♪時には娼婦のよーぉに♪大きく○を広ーげて♪
・・・・失礼しました。
ここはご存知の方も多いのでは?
なので、正解者の方へのご褒美は、別途。
まだ、フェンスと戦う木をお探しの方もいらっしゃるようだし(笑)。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-07 21:59 | 函館では
シュウェット・カカオ ~フロマージュ~
e0054231_2155447.jpg

e0054231_216288.jpg
お味が抜群なのは勿論の事、その食感がgood!
しっとり具合、ふわふわ具合、文句なしё

定番のケーキが美味しいお店は、「間違いない!」
と改めて認識する。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-06 21:12 | ケーキ大好き!
RISTORANTE La.Stalla(ラ・ステラ) ~絶うま~
e0054231_16232877.jpg
本通から富岡に向かう幹線を左に入ると、忽然と現れるお店。道を曲がるべきところには、看板も無い。でも一見して、その建造物や色のセンスをみて、美味そうと期待してしまう、そんな店構えだ。

e0054231_16285796.jpg
お店の中はさらに、おしゃれ。日曜の昼、つまりランチメニューが無いせいか、客は我と奥さんのみ。店内に降り注ぐ日差しが、やさしく感じられる。お店の内部も、隅から隅まで丁寧に日々磨かれている印象を受ける。

メニューに迷う。通常始めてのお店では、シンプルなものをいただき、そのお店のウソ偽りなき実力を受け止めん、と考えるからだ。迷った挙句、ボロネーゼとする。奥さんは、ペペロンティーノとし、共有サイドメニューに、カポナータ(夏野菜のマリネ)を注文することに決定する。

e0054231_16351086.jpg
夏野菜のマリネが、激ウマい。なんだろう、もっともらしい解説が出来ないが、兎に角美味い!野菜達それぞれの素材の旨味が、如何なく引き出されているだけでなく、全体に共通する甘みが感じられる。これが何かはわからない。何かオリーブ系の甘みにも感じられる。

e0054231_16385134.jpg
続いていただいたボロネーゼもまた激美味い!静寂の店内に、我の「うまっё」という野太い声が、響いてしまった。ボロネーゼとかミートソースにありがちな、ソース分離が無い。最初からソースが、しっかりと絡んでおり、またこれが甘ったるくない甘みがあって、実に美味い。

初訪問だったが、お店を後にした時点で再訪の意志は固まっていたのだった。
次回は夜だ。こんなに美味しいものは、お酒無しではもったいないのである。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-05 17:03 | パスタ大好き!