<   2005年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧
熊サイレンの全貌
e0054231_813685.jpg
熊サイレンは、電子パーツ屋さんなのだった。
因みに、この隣は花屋さんだ。パッと見、電子パーツ屋さんが目立たずに、
花屋さんにこの看板が掲げられているのか?と見紛う。
いずれにせよ(電子パーツ屋さんにしても)、目立つ看板だ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-30 23:59 | 函館では
今週の履歴 ●●●○●●○
相変わらずの2勝5敗ペース。まー、こんな時期もある。
成績が悪いからと言って、投げ出さずに継続することが重要だ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-30 23:59 | トレーニング
やっぱり「西ききょう温泉」ё
e0054231_138192.jpg
日曜の朝、久々に「西ききょう温泉」に行く。
実に1ヶ月ぶりくらいだろうか。
いつも通り、脱衣所から内湯を経由せずに
いきなり露天に出る。
ざっと、かけ湯して温めの浴槽に入る。
浴槽とは言ってもご覧の通り、直径2m程のヒューム管を豪快に輪切りにして、
浴槽としている。温めとは言っても、温度は45度前後ある。普通の温泉だったら、
立派に高温浴槽だ。この辺は、旧ブログでの初回記事に詳しい。

久しぶりに入って、改めてその良さを体感する。
何故か、温まり具合が他の温泉と一線を画している気がする。
やはり定期的に入浴していないと、体調を崩すのでは?とまで思わせる温泉だ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-28 23:59 | 温泉大好き!
本場のザッハトルテ
e0054231_0521100.jpg先般閉幕した地球博に行った知り合いが、
オーストリア館から本場のザッハトルテを
送ってくれた。
遥か10年以上前に、ウィーンの超有名店
(の割に名前は忘れたが)
でいただいたザッハトルテを思い出させてくれた。

e0054231_0551897.jpg素材そのものの味を探求し、食べ物も飲み物も
追加で、混ぜ物をしない性質であるが、
こればかりは、たっぷりの生クリームと一緒に
いただくのが、美味い!いや絶ウマだ
ケーキ自体にしっかりとした苦味があるからこそ、
生クリームとの競演が映える。
普通のケーキ屋さんのザッハトルテとは、名前は
同じでも、似て非なるケーキと感じる。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-27 23:59 | ケーキ大好き!
ダビンチ ~カルボナーラ~
e0054231_2204161.jpg谷地頭と漁火通りを結ぶ道の、中間より谷地頭
よりにあるお店。
あまり情報がなく、イタリアンのお店があると
知ってはいたが、訪問しそびれていた。
今回のパスタ戦争の一環で、イタリア国旗の色を
看板にしているお店はカバーする方針で、
ランチに行く。
e0054231_2233243.jpg
給料前の金欠も手伝い、コースではなく
寂しく単品でカルボナーラを注文する。
我的表現ランクは、
美味い!激ウマ!絶ウマ!
の順となるが、これに照らすと残念ながら、
美味い!に止まるか。。。
卵やチーズの風味やコショウの具合は、しっかりしていて美味しいのだが、
「リピートするか?」と問われると、返事は歯切れの悪いものになるかも・・・。スミマセン。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-26 22:06 | パスタ大好き!
今どきの流行? 七飯方面に
ハーフマラソンを観て、パスタを食べた後、七飯に向かう。
昨日やり残した宿題、湧き水汲みと、ちえおさんに教えていただいた路上販売攻めが、
目的。まずは、旧国道に入るが、どうも目的のお店が見つからない。
日曜だから、休みだったのかなー?

e0054231_2134747.jpg
そのまま、旧国道を走破してしまい、R5に戻る。
湧き水を組んだ後、田園通り(だったかな?)を走る。
役場の北側に位置する、りんご畑がきれいだ。
日当たりなのか、品種の違いなのか、場所によって
鮮やかな真っ赤なりんごや、まだ青いりんごがある。
e0054231_21381648.jpg
またR5に戻り、函館方向に走る。
左手に大槻食品館や、大胆な赤松等を眺めてから、
また旧国道に戻る。車の中に、ネギの匂いがする。
道の両サイド一面に、ネギ畑が広がっている。
ますます、路上販売への購買意欲が沸く。
結局、今日は○○果樹園さんで、きゅうりと枝豆にりんごを買って帰宅。
お味の方は、まだ未確認。

夕刻は温泉前に、なんとなく海と夕焼けを眺めた。自然は本当に美しい。
e0054231_21433836.jpge0054231_21434989.jpge0054231_2144024.jpg
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-25 21:47 | ドライブ大好き!
函館ハーフマラソン
e0054231_205331.jpg
長距離競技の観戦が好きだ。今も、ベルリンマラソン中継で、野口みずき選手が
見事狙って日本新記録を出したのを、見届けたところだ。
今日も当然、函館ハーフマラソンを見学&応援に行く。
冒頭の写真は、ラスト2km付近での、トップ4人の攻防。

実際に一流選手の走りを見ると驚く。一言で言えば、滑るようにして、あっという間に
走りすぎていく。荒い呼吸や、バタバタとした足音は、全く聞こえない。
逆に調子の悪い選手からは、ゼイゼイとした呼吸やバタバタとした足音が聞こえる。

個人的には、西田選手を応援していた。彼が駒大時代、箱根駅伝を走ったのを、
生で観ているから、親近感があったのだ。残念ながら、前半6km付近の青柳電停辺りでの
遅れを、ラスト2km付近でも取り戻せていなかった。

e0054231_2114211.jpge0054231_211552.jpge0054231_212794.jpg
多数のボランティアの方々によって、支えられている大会だ。
スタートから5kmもない給水地点には、夥しい量のスポンジや紙コップが、投げ捨てられて
いる。次々にやってくる選手の邪魔にならないように、ボランティアの方々は片付ける。
水を渡す時には「ガンバッ!」の大きな声援。

ラスト2km付近。赤十字病院前での観戦。点滴を付けたままの入院患者さんが熱心に
応援している。それに応える選手もいる。

お世辞にも、美しくないフォーム。何故こんなに太ってるのに(失礼)って選手もいる。
でも皆、20kmの道程を走ってきている事に驚く。必死な目は一点の濁りも無い。
ありきたりの表現になってしまうが、元気をもらえた気がした。
この時ばかりは、「自分も来年には・・・」と思ったりもするのだが。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-25 21:10 | 函館では
南かやべ とことん浜味祭り
e0054231_2255917.jpg椴法華から、一路南茅部に向かう。
右手には、真っ青な海が広がり、行く手前方には、
僅かに小さく、しかしクリアに駒ケ岳が確認出来る。

祭り会場まで「あと4.5km」の立看板を見てから間もなく、
短いトンネルを抜けると、右手に大漁旗が海風になびいて
いるのと同時に、ドカーンと演歌のBGMが聞こえてくる。

何とか、マグロ解体開始前に、会場に着く。

e0054231_22124481.jpge0054231_2213342.jpge0054231_22131471.jpg
解体に使用されたマグロは60kgで、小ぶりな部類だ。
これまで何回か、マグロ解体を見てきたが、100kg超の魚体の場合は、日本刀の如き
長い特製の包丁を使って、マグロを切っていく。
今日は小ぶりだったせいか、割と通常サイズの包丁で、全て解体されてしまう。

支所で講演か何かがあるのか(よくアナウンスを聞いていなかった)、
俳優の刈谷 俊介さんが来場してご挨拶。TVに出ている人は、何かしらオーラが出ている。

¥100の、浜なべが美味かった。ゴロゴロと鮭やイモやゴボウ他が入っている。

e0054231_2220544.jpg鮭のつかみ取りが始まる。
捕ったばかりの鮭を積んだ漁船が、そのまま会場に横付けされる。
総勢168人の子供達が、元気よく鮭を捕まえる。
恐がっている子供は、殆どいない。どちらかと言うと、
女の子の方が元気よく、すぐに鮭を捕まえてしまう。
女は、生まれながらにして女なのだ、と勝手に感心したのだった。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-24 22:29 | 函館では
天気が良いので 戸井~南茅部~大沼~大野
天気が良い。横津の山々もクリアに見える。
こんな日は、海岸線をドライブしたくなる。

e0054231_20514063.jpge0054231_20514798.jpge0054231_20515876.jpg
函館牛乳手前から、津軽湾を望む。手前の畑の緑と土の色、海の青のコントラストが美しい。
丁度、離陸した飛行機を12倍ズームで、追いかける。青空がきれいだ。
オートキャンプ場から国道に合流する手前。真っ直ぐな道の向こうに海が見える。

e0054231_2052144.jpge0054231_20522771.jpge0054231_20523444.jpg
国道に合流して、戸井から恵山に向かう。オートキャンプ場のムーイの手前で、展望台の
看板を発見する。今まで何回も通っているのに、初めて目に付いたのだった。
海がきれいだ。♪海は広いな~大きいな~♪
子供の頃には、何も感じなかった歌詞が、今になって、北海道に来て、
ホントにそうだなーと感心する。

その後、南茅部に向かう。
予定では、道の駅「なとわ えさん」と、水無海浜温泉に立ち寄るつもりだったが、
スルーして黒鷲漁港に向かう。11:30からの、マグロ解体が気になっていたからだ。
この「南かやべ とことん浜味祭り」は別記。

e0054231_21262071.jpge0054231_21263949.jpge0054231_21265228.jpg
大沼に向かう。
くっきりと見える駒ケ岳の背後に、堂々と見える青空と雲のコントラストが、鮮やかだ。
珍しく空気が澄み渡っているようで、駒ケ岳の山肌が美しく肉眼で捉えられる。
右手を見ると、防風林?と手前のとうもろこし畑の緑と空の青が、爽やかに目に入ってくる。
あまりにクリアなので、夕方規制前にマイカーで函館山に乗り込んで、夜景でも見ようと
考える。その後は、お約束のスズボクだ。

そこで悲劇が起きた。メニューに「イタリアンチョコ」が無い。
うむ、そろそろ無くなりそうなので、準備よくメニューから外したのか?
さては、もう無くなったのか?
刹那に頭の中で、類推する。結果は、あっけなかった。

「ゲーッ、終わったんですか!」

いつも、終わりはこんなもんだ。やむを得ず、久々に牛乳ソフトをいただく。
やっぱり、これが基本。美味いё
因みに次回の限定バージョンは、栗の予定だそうだ。

その後は、予定していた七飯の湧水汲みと、旧国道路上販売攻めを順延して、
七飯ホ○レ○に行き、夕食の買出しをする。我が家の夕食の今日の出費は¥100だった!
サンマ ¥35/尾 × 2 = ¥70
モヤシ ¥30    × 1 = ¥30 
これに、昨日「阿佐利」で買った焼豚(これが、また美味い)
買い置きの白米を酢メシにする+作り置きの、いくら醤油漬

これで、バランス良くビールと日本酒が飲めるのだё

函館山入り口に、16:50に行く。あっさりと遮断された。頂上を17:00に下るのが、
基本ルールのようだ。主旨は了解したが、そうとわかる表示をして欲しいものだ。
仕方なく金森あたりを徘徊して帰宅。¥35のサンマで大満足したのだった。

e0054231_21475255.jpge0054231_2148041.jpge0054231_2148883.jpg
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-24 21:50 | ドライブ大好き!
西部地区をフラフラと
e0054231_20564536.jpge0054231_2057457.jpg
入舟町や弥生町あたりに疎い。なので、フラフラと出かけてみた。
今も営業しているのだろうか?と時代を感じさせる看板や、
今も稼動しているのだろうか?と思わせる建造物が、目に付く。

栄枯盛衰。

e0054231_2105586.jpge0054231_2111117.jpg
一方で、比較的最近に新しく開店したお店もある。
あたかも地層を見るように、時代の変遷が見えるような気がした。

因みに「戦争」の一環でランチしたのであるが、これは記事にするのは勝手ながら中止。
もし、気になる方は、個別にメールなんぞ下さいё
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-23 21:07 | 函館では