<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
祭りのあと
1w前から小3の甥が先行して遊びにきていた。
更に両親と幼稚園の姪が日曜に来函した。遠出はしなかったものの、飽食&温泉三昧。
土曜夜のオフ会からの2.5日で、体重は軽く2kg以上増加している。
この2~3日は「祭り」と言うよりは「嵐」のようだった。

土日含めて4連休後の久々出社だが、身体がだるい。
飽食三昧に加えて、トレーニングもサボっているから、当り前だ。
そして今日、親戚一家は帰京した。甥の寝相の悪さに、熟睡を妨げられたりしたが、
いなくなった我が家は寂しいものだ。これで「夏休み気分」も終了とせざるを得ない。

ブログの更新もサボり気味。皆さんからのコメントにもレスしなければ、と思いつつ、
そんな余裕も無かった。と言うことで、何とか日曜分まで更新。以後は明日以降に。
[PR]
by m_warekatte | 2005-08-30 21:49
朝から、活イカ!
e0054231_1610633.jpgともえ大橋を函館山に向かって走る。橋を渡り終えて、金森倉庫の手前右手に、函館市水産物地方卸売市場がある。この中の食堂は、一般人でも入場可能な事は、あまり知られていないのではないだろうか?市場の中の食堂、というだけで新鮮で美味くて安くて、ってイメージがある。そして、実際にその通りなのだ。

こんな機会も少ないだろうと考え、東京からきた親戚を朝市ではなく、市場の食堂に連れて行くところが、我ながらひねくれているというか、おしゃれというか判断に迷うところだ。
メニューは、殆ど全ての定食系が揃っていると言って差し支えない、膨大なものでここで全ては紹介しきれない。この後、立待岬~ちゃっぷ林館~一文字~鈴木牧場をまわり、一時帰宅。これから、花の湯に行って夕食は、かわむらで鮨をいただく予定だ。
e0054231_16171450.jpge0054231_16195311.jpg

定食は下の写真の通り。
e0054231_2154146.jpge0054231_216246.jpg

セルフサービスで定食が出来上がると呼ばれるのだが、
市場の方々は皆、名前で呼ばれている。一般人は我グループのみ。
メニューは下記写真。何とか見えるかな?
e0054231_15101850.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2005-08-29 16:21 | 食べある記
イベントを回る日曜
朝10時頃に目覚める。頭が痛い。
元々腫れ加減の顔(笑)が、より一層腫れている感じがする。
前日(と、いうか当日)は、何時に帰宅したのか覚えていない。
自転車はしっかりと自宅内に置いてあるが、自転車をこいで帰宅した記憶も全くない。
酷いモンダ。

小3の甥が朝から「黒豚、黒豚」と連呼している。
そうだ、今日は黒豚の日だった、とようやく思い出す。この日曜はイベントが多い。
とても全部は回りきれないので、比較的ニッチなところを狙い、且つ自分の食欲を満たそうと、わざわざ金曜に残り少なくなった前売りチケットを、銭亀沢商工会まで行って、買ってあったのだ。ところが、起床時の我に、食欲は殆ど無かったのである。

何とか這い起きて、志海苔に向かう。陽の光がいつも以上に眩しい。ここで、検問されたら、間違いなく酒気帯びで捕まると思われた。会場に着く。すごい人出だ。
チケットを黒豚バーベキューセットを交換する。黒豚320g/人に野菜とおにぎり。
e0054231_21405226.jpg
ようやく空いた網焼きスペースで、黒豚を焼く。ひっくり返して、炭火でこんがりと焼けた黒豚を見た瞬間から、急速に二日酔いが回復してくるのを感じる。そして生ビールを買い求める(良い子の皆さんは、決して真似してはいけない)。黒豚を食べる、美味い!!!大袈裟だが、これまでの生涯で食べた豚肉の中で、一番美味いのではないかと思うほどだ。絶対に来年も来るぞ、と決意を固める。
e0054231_21414793.jpge0054231_2142714.jpg
その後は、サンドアートフェスティバルに向かう。黒豚を食べている時には、忘れていた二日酔いが、車の運転中に再発する。が、海水浴場に出てサンダルを脱ぎ、裸足で砂浜を歩いていると、ようやく二日酔いが抜けてきた。
暖かな陽光を浴びて、pooさん、いやpoohさんも、にこやかに座っていた。一夜明けて、きっとpooさんも「良かったなー☆」と感じているだろうと、我は思ったのだった。
[PR]
by m_warekatte | 2005-08-28 22:08 | 函館では
まんまるてい ~しょうゆラーメン~
e0054231_1720385.jpg花園町、産業道路沿いにある。誠実・謙虚を絵に描いたようなご主人と奥さんの、二人三脚のお店だ。函館と言えば、塩である。なかなか、しょう油を売りにしているラーメン屋さんは、少ない気がする。そんな中で、しょうゆラーメンで勝負出来るお店だ(ご主人が、しょうゆで勝負、と思ってらっしゃるか、は定かではありません)。

ご主人は、埼玉の出身で、全国の「ラーメンを食べ歩き研究されたそうだ。初訪問したのは、もう1年以上前だが、目ざとく我のクルマの珍しいナンバーを確認していたご主人と、東京界隈のラーメンの話をした記憶がある。

さて、肝心のラーメンであるが、実にサッパリしている。スープは魚介系の出汁が、イニシアティブを執っている。これが苦手な人は、この時点でもうthe endかもしれない。逆に、魚介系のサッパリが好きな方には、もってこいだ。函館においては、そんなラーメンを出すお店が少ない。

麺は細いストレート。これがサッパリとした全体のバランスに、一役かっている。チャーシューはホロホロのが1枚、細く切ったネギと、これまた細く切られたタケノコが、入っている。シナチクではないのだ。とにかく、サッパリとして、でも味がある。ついついスープを完飲してしまう。逆に言えば、完飲出来るくらいサッパリとした美味しいスープだと言える。
e0054231_173258.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2005-08-27 17:32 | ラーメン大好き!
天気の良い休日は
e0054231_10314778.jpg
台風が東にそれて、朝から予報に反した晴天。こんな時、家にじっとしてられる体質ではない。赤川通りを北上して(今日は奥さんと甥が一緒なので、は自転車ではなくクルマ)、途中セブンイレブンにより、朝食のおにぎりを買い込む。

ウィンゴルフを右折して、ダム公園手前の川沿いに腰を下ろす。何故か、アウトドアだとおにぎりが美味い。甥もあっという間に、おにぎりを平らげて、川を覗き込む。好奇心満々の年頃、岩魚がいるのでは、と思っているようだ。おそらく、この辺にはいないだろう。

e0054231_10454243.jpg
そのかわり、ではないが石の上にセミが止まっているのを発見する。どうやら、短い一生を燃焼したようだ。甥が近くに石を投げるが、微動だにしない。飛ぶ力も残っていないと見える。川を見るだけで勉強になる、東京ではなかなか経験出来ない環境が、当たり前のように身近にある。

帰りは、シーニックスポットを回る。天候は晴れそうで曇ったりで、はっきりしない。真っ白な雲ならまだしも、濃い灰色の雨を今にも落としそうな雲が多い。案の定、景色もいまひとつだったが、畑の土の色と整然と並んだ緑が美しかった。
e0054231_10532581.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2005-08-27 10:54 | ドライブ大好き!
リトルスプーン ~S+ノーマル+野菜~
e0054231_1714429.jpg
 今日は休暇だ。小3の甥もいる。昼食をどうするか?は、かなり重要な議案だった。折角の平日なので、その強みを活かせる行動をしたいと考える。土日だと混んでいて落ち着かないお店、とか。しかし、甥の強い希望で、あっさりと平日でなくても良い案に決定してしまう。

 素直に決定に従ったのは、何を隠そう、我自身リトルスプーンが好きなのだ。リーズナブルだが、味度外視ではなく、しっかりとカレーの味がある。また、ライス少な目注文も嬉しい。ビールを飲まない限り、基本的には小食な我にとっては、大変有り難いメニュー構成。

 S(ライス量)+ノーマル(辛さ)+野菜(トッピング)をいただく。これで¥450也。財布が寂しい場合には、野菜を我慢すれば¥300で済んでしまう。まず、ルーが美味い。野菜達は、軽く素揚げ(だろうか)されていて、うま味が引き出されている。そもそも素材自体も良いのだろう。この辺は、北海道の強みだ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-08-26 21:14 | 洋食大好き!
シュウェット・カカオ ~ショコラ シフォン~
e0054231_21253872.jpg

 ふかふかのシフォン生地。甘さ抑え目の生クリーム。何れも、我好み。

e0054231_6154271.gif新しく出来た同店のHPはこちら
・・・どうも、バナーリンクがうまく動作しない。。。ので。
[PR]
by m_warekatte | 2005-08-24 21:25 | ケーキ大好き!
FURANOメロン ¥580也
e0054231_0474671.jpg
 丸井の横にある、くだもの屋さんで買い求めた富良野のメロン。写真にある携帯と比較すれば、その大きさもわかる。高さも、ビールのレギュラー缶を遥かに凌ぐ。手に持てば、2~3kg程のズッシリとした重みがある。

 東京にいた頃、メロンを食べることは、殆ど無かった。青肉メインで、お味の方も、大枚はたけば別として、一般庶民が気軽に買い求める価格帯では、今ひとつだったのだ。

 ところが、北海道にきてみたら、どーだ!その、しつこくない、不要な後味を残さない自然の甘みを、お手軽価格で享受出来る。小ぶりのメロンであれば、¥298。某スーパーでは¥555。

 どちらかと言えば、メロンを敬遠していた我が家のテーブルに、この時期常にメロンがある。同様に北海道にきてから、敬遠→大好きに転じた代表格にソフトクリームがある。

 自然環境が変わるだけで、食も気持ちも豊かになるものである。
[PR]
by m_warekatte | 2005-08-23 23:48 | テイクアウト大好き!
蒲生自然卵ファームのシフォンケーキ
e0054231_210491.jpg

 大沼の黒ベコ入り口付近にある自販機で売られている。

 噂では、午前中には売切れてしまう、幻のケーキ(とは、少し言い過ぎ?)と聞いていた。しかし、午後早い時間、初確認にて在庫有りの幸運に恵まれる。
 
 お味の方は、プレーンとハニーとゆず(だったかな?)があり、素材そのものの味を重視する我としては、迷わずプレーンを押す。

 さて帰宅後にいただいたプレーン。美味い!

 ベーキングパウダーも使わずに、卵白の力のみで膨らませた自然派ケーキ。ふかふか具合と、卵の自然で微妙なしつこくない甘みが、とても心地よい。但し、前述の如く、素材の味を重視する人向き。因みに我の場合は、冷奴でも美味い豆腐なら、しょう油もかけずに食ってしまう。そんな方には、是非お試しいただきたい一品。
[PR]
by m_warekatte | 2005-08-22 21:09 | ケーキ大好き!
霧の城岱~大沼~大野町
 朝から雨足が強い。しかし折角の日曜、じっとしてはいられない。

 まずは新道入口手前の、函太郎ジュニアで腹ごしらえ。
どうも回転寿司というヤツは、目まぐるしく回ってくるせいか、食べる側のピッチもあがる。
ただの食いしん坊の言い訳かもしれない。
おまけに¥110/皿の意識が、制御系心理を一切取り外してしまう。
そして¥110/皿と言っても、全く侮れない味が揃っている。

 R5大清水産業で給油の後、いつも通り七飯岳の湧水の恩恵に与かる。ガスが濃い。
折角なので、ガスの濃い道筋を選ぶ。函館方面に逆戻りして、七飯本町で左折、
そのまま北上して新道をくぐり抜けて、城岱スカイラインに突入する。
e0054231_11363020.jpg

 牧場付近のガスが濃ゆぃー。駐車場は誰もいない。
牛達も心なしか、いつも以上にノンビリしているように見える。
道が水平になった頃、視界は50mも無かった。
こんな時こそ、野生動物達のお目にかかりたいと思っていたら、リスが横断。
ガスの中、はっきりと視認出来なかったが、なんとなく感動。

e0054231_2024945.jpg

 黒ベコにある自販機のシフォンケーキが美味いとの噂を聞いていた。なんでも朝10時には売切れてしまうとか。
 しかし、13時過ぎに訪問、あっさりとシフォンケーキをgetする。これは、別記するつもり。


e0054231_209532.jpg
 流山温泉に向かう。
 目的は、ひまわり畑だ。あいにくの天候で駒ケ岳が全く見えない。次回こそ、と言いたいが、次回は来年となりそうだ。

 帰りはお約束のコース。
最近、大沼から峠下を真っ直ぐ通り抜けた試しが無い。必ず右折して大野町に向かう。この後の展開は、もう言うまでもない。いや、こちらのブログでは初めてか!
[PR]
by m_warekatte | 2005-08-21 19:25 | ドライブ大好き!