2006年 07月 23日 ( 3 )
今週の温泉履歴
e0054231_19372278.jpge0054231_19374236.jpg

・土曜の朝は、寝坊。このところ毎週だ。
・土曜の午後、アップル温泉に。
 夜もう一度温泉に行くつもりだったが、空腹対応が優先された。
・日曜の朝も寝坊。と言っても6:30起床。身体が目覚めてから、ジョギングして
 帰宅して、汗が引くのをまっていたら8時近くになり、また空腹対応優先。
・日曜の午後に、またもやアップル温泉に。
 夕刻ジョギング、その後どっかの温泉に行き、帰りに焼き鳥を買うか、
 某居酒屋に出陣するか、と思っていた。

 が、帰宅後、汗が引くのを待ちつつ、プロ野球オールスターを観る。
 横浜高校出身の涌井が投げていた。横浜生まれの我としては、見逃せない。
 観ている内に、すっかり汗は引き、外に出るのが億劫になってきた。

 さあ、これから我的水炊きだё
 
[PR]
by m_warekatte | 2006-07-23 19:43 | 温泉大好き!
プロフェッショナル!? 欽ちゃん球団騒動に思う
函館で起きた全国ニュース。それも芸能関係とあって、結構珍しい出来事だったので、
記念に?記しておこうと思う。

我的勝手な、この1Wの率直な感想は、欽ちゃんの言動がプロフェッショナルだった、
のが一番の印象だ。尤もこれは、計算されつくした行動なのか、感情のままの行動が
良い結果に結びついた、謂わば天性の産物なのか、はわからない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、まず山本さんだが、厳しいだろう。
ちょっと曖昧な物言いなのは、まだ明確な事実関係が明らかになっていないからだ。
・未成年に飲酒させた
・みだらな行為をした
大まかにはこれだけ。その経緯や細かなシチュエーション等により、
やや情勢は変わるかもしれない。

「やや」、つまり今後いかなる事実関係が明らかになったとしても、彼はその社会的立場から
何ら弁明は出来ないと思われる。軽率過ぎると言わざるを得ない。

もっと強い論調で「反社会的行為で絶対に許されない」とか「言語道断」とか、
もっともらしい言葉で彼を切り捨てる事は簡単。
でもそんな顔をしている評論家の方々が、実は似たような行動をしていたりする。

どこかのアナウンサーや大学教授が、女子高生のスカートを覗こうと一生懸命になったり、
この手の事件には枚挙にいとまが無い。未成年の飲酒に至っては、自分自身や身の回り
を含めて、経験が無い人の方が少数派ではないだろうか。

彼の行動は決して許されるものではないし、擁護するつもりも全く無いが、
状況次第で、ふと魔が差した時に、似たような行動をしてしまう危険性が全くゼロではない、
のが人間だ、と我は思うのである。

その前提において、彼のような社会的立場の人間の行動としては、軽率過ぎた。
勿論、フツーのサラリーマンなら良い、と言っている訳ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に17歳の女性。
これもまた、まだ明確な事実関係が明らかになっていないので、何とも言い難い。
が、もう子供ではない年齢。誤解を怖れずに言うならば、自己責任を問われるのが常識。

但し既にこの1Wでも、有形無形の様々な精神的苦痛を彼女は味わっている筈。
家族や周囲の友人が温かく見守り、立ち直っていって欲しいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて最後に欽ちゃんであるが、結果的にプロフェッショナルだと思う。
まず事件発覚翌日の球団解散宣言。これには大きな効果がある。

早い決断と清廉潔白なイメージがアピールされる。同時にマスコミや人々の関心を
「えっ何故?球団を継続しないのか!」といった方向に向けさせる。
もし解散宣言がなかったら、マスコミの関心ベクトルはどこに向かっていただろう。

函館以前にも余罪があるのではないか。山本さん以外の球団メンバーにも
余罪があるのではないか、といった詮索が行われた筈だ。
もっともこれは、今後噴出してくる可能性はある。

但し、ここが肝心。今後噴出してくるのと、山本事件後に継続的に詮索されるのでは、
球団イメージの維持に大きな差が出る。欽ちゃんがすぐに解散宣言したからこそ、
署名活動も早かったのだと思う。

この辺、欽ちゃんが全て計算の上での言動だったのか、
純粋な気持ちからの言動なのかはわからない。
全く下ネタを笑いに持ち込まない人だし、大好きな野球での遠征中の出来事とあって、
我慢ならずに決断したようにも見える。

でも、もしそうだったなら、ファンや沢山の関係者、球団メンバーに対して
無責任と言われてもしょーがない。
でも厳しい世界で何十年も生きてきている人、しばらくすれば復活宣言するだろう。

と、思っていた矢先の復活宣言。「ちょっと早すぎないかい?」

もし計算ずくでの行動だったなら、
これ以上人心をもてあそんではいけない、と感じた筈だ。
もしそうでなかったら、署名活動やFAXに励まされて、純粋に再開を決断したのか。

この辺もわからない。
「随分と人騒がせな人だなー」って印象や「ホント、純粋に野球が好きなんだなぁ」という
印象を残しつつ、欽ちゃん球団は世にその存在を十二分にアピールした。

計算ずくでも、そうでなくとも、どちらでも結構。
その辺りをわからせずに、騒動した欽ちゃんが、
一流の芸人であることは、間違いなさそうだ。
[PR]
by m_warekatte | 2006-07-23 18:08 | 報道に思う
ファーム富田の風景週間 ①
e0054231_6523410.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2006-07-23 06:52 | 道南百景