2006年 06月 03日 ( 8 )
ニセコワイス寶亭留
e0054231_1251171.jpge0054231_1252855.jpge0054231_1254418.jpg
何かでみた露天の写真が、とてもキレイだったので訪問。
ところが写真の露天は、どうやらご婦人の露天だったようだ。
でも男性露天からも、羊蹄山が望めて絶景だ。

湯も、やや熱めに保たれている。透明だが、ほのかに硫黄の香りを感じる。
日帰り入浴料金は、¥910と、やや高めだ。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 15:00 | 温泉大好き!
紅葉音で硫黄の香りに
e0054231_11562879.jpg

以前は「ちせの湯」だったところが、改装したと思われる。
雪秩父には行ったことがるし、ロッジチセハウスは日帰り入浴お休みだった。
この一帯に来ると、硫黄の芳しい香りで一杯だ。

e0054231_1213278.jpge0054231_1214436.jpge0054231_1215465.jpg
特有のセメント色の濁り湯。これがよく温まる。
人によって好みがると思うが、我的には硫黄の香りがまた最高。
洗い場も木の造りでキレイだった。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 14:00 | 温泉大好き!
薬師温泉
e0054231_1139034.jpge0054231_11391248.jpge0054231_11392746.jpg
土曜日に道南、ニセコ温泉ドライブを企んでいた前夜、
某居酒屋で、薬師温泉が良い、との情報を得て訪問する。

残念ながら写真は無い。でも入浴した我の脳裏には、その温泉の味わいや雰囲気が、
しっかりと残っていて本人的には満足だ。

今はまだ露天がオープンされておらず、内湯の透明湯と濁り湯のみ。
場所が離れていて、脱衣所も別々なので、いちいち着替える必要があるが、
勿論両方の湯に浸かる。

まずは透明湯に。それほど広くはない浴槽に、既に先客が3名いた。
深い。1.3mほどあるだろうか。途中に段差があって腰掛ける。湯は温めだ。

続いて、濁り湯に。こちらは混浴。透明湯と同じく深い。
時々、ブクブクと気体が出てくる。生きている温泉って感じだ。
温めなのに、入ってから3分もしない内に、僅かに汗ばむ。
その後、汗だくになることはなく、ゆっくりと浸かった。

浴槽や内湯の壁、宿の外壁など、木が使われていて、歴史と味が感じられる。
秘湯 菅野温泉に通じる雰囲気を感じた。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 13:00 | 温泉大好き!
黄金温泉から、羊蹄山を望む
e0054231_11292183.jpg

黄金温泉も以前訪問済みだが、前回は空が白くて、美しい山々を望むことが出来なかった。
天気がよく、山が見えていたので再訪問した。

e0054231_1131340.jpge0054231_11311556.jpge0054231_11312846.jpg
正面に、ニセコアンヌプリ。右手に羊蹄山。最高のロケーションだ。
五右衛門風呂が3つある。風呂底の真ん中あたりから、湯が噴出している。
これが丁度股間界隈を直撃して、大変キモチよい。

ここも半混浴。だいたい秘湯系の温泉は混浴の傾向がある。
滅多に行けない自然の中だったり、身体に効く源泉が複数あったりするので、
男女に分けると、全ての浴槽に入れない事となり、不平が出るそうだ。

つまり我は、秘湯を求めてロングドライブしているのであって、
混浴を求めている訳ではない。勿論、混浴がきらいな訳でもないのだが。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 12:30 | 温泉大好き!
奥ピリカ温泉 山の家
e0054231_11242647.jpg

R229からR230に入り、長万部方面に向かう。
途中、左折して山の中を10kmちょい走る。

2回目であるが、かなりキレイになったように感じた。
やや記憶が曖昧だが、前回(2年以上前?)は露天の中の石が、全て藻でヌルヌルに
なっていて、湯面も藻だらけだったような。

それがとてもキレイになっていた。底が石なのは変わらない。
足の裏がちょっと痛い。内臓が弱っているのだろうか。。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 11:30 | 温泉大好き!
ゆ~とぴあ臼別
e0054231_11105758.jpg

熊の湯からR229に戻り、北上する。R229から山側に入って3km程の所にある。
清掃協力金¥100を入れて、入場する。我とほぼ同時に2人の客が入る。

真ん中が仕切られているが、奥は仕切りがない半混浴。
温泉の奥は沢になっており、清冽な水が流れている。
やはり自然の中の温泉は、キモチがよい。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 10:00 | 温泉大好き!
熊の湯の大自然
e0054231_1132344.jpg

快晴の土曜日、前夜の酒が予定より多かった為、寝坊する。
大野新道からR227に入ったのが、丁度7時頃だった。
8時半前に、熊の湯に到着する。

もくろみ通り、貸切状態。
最近人気があるので、土曜の午後や日曜は、人が一杯でちょっと落ち着かないのだ。

時々、勢いよく噴出す源泉の音、あとはすぐ真下の激流の音のみ。
一杯の陽に、新緑が映える。
かなり贅沢な温泉だと思う。たっぷりと、自然の中で1時間ほど過ごした。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 08:30 | 温泉大好き!
駒ケ岳の初夏週間 ⑦
e0054231_6172596.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 06:17 | 道南百景