2006年 04月 16日 ( 8 )
初めてのバル街ё
またあえる・・・。
とてもいいコピーだと思う。我は今回初参加だが、「またあえる」そんなキモチで、
次回も参加したいと思った。

e0054231_2124980.jpge0054231_21243189.jpge0054231_21244094.jpg
まずは、ガスバリBarに。
十字街の中心地にあり、また店頭で生牡蠣を開いている効果か、スゴイ混み様だ。
今回、単身参加したが、いきなり知り合いの方に会う。連れの方がいらっしゃたので、
あまり会話せずにすれ違う。が、Barに入るとまた知り合いの方がいて会話する。

いただいたのは、青函トントンのポトフ。箸で簡単に解れる豚肉が美味いё
そして、まずは生ビールだ。
なんとなく「まずは」と書いてしまったが、ずっと生のつもりだった。

e0054231_21305541.jpge0054231_2131763.jpge0054231_21311521.jpg
2件目は、モストゥリーに。
予定ではモストゥリーは3件目。2件目予定のBORDERは、小雨の中、外まで行列。
モストゥリーではマスターやお姉さんと会話。
もう4~5回目だが会話したのは初めてだった。
ある筋から我の素性?がバレているのがわかり、逆に気兼ねなく会話だ出来た。

会話直後から、頭の中はピンチョスではなく、ハンバーグが気になっていた。
勿論、ホタテとサーモンのピンチョスは美味しくて、1分ほどで平らげてしまった。
前からモストゥリーのハンバーグを食べたくて、でも機会が無かった。
今日もハンバーグが出来る事を確認、「後でまた来よう」と考えて、一時退散。
・・・結局、再訪出来なかったのだが。。。

e0054231_21381230.jpge0054231_21382418.jpge0054231_21383690.jpg
続いて、和雑貨いろはの中の杉の子に。
マスターの笑顔が素敵だ。
生ビールが無かったので、カクテル「緑色のサタン」をいただく。

店内では、生演奏が行われていて、次から次にお客さんが入ってくる。
マスターの笑顔を見ただけで、杉の子に行ってみたいと思った。

e0054231_21434391.jpge0054231_21435772.jpge0054231_21441036.jpg
そして、ラ・コンチャに。
今日いただいたピンチョスは全て美味しかったけど、ここでいただいた
「生ハムと越冬じゃがいものコロッケ」、これが一番我的には美味かったっすё

ところがこの後、腹痛が。風邪が完治していないのかなぁ。
金森倉庫のトイレに駆け込んで、30分近く粘るも痛みは治まらず。
モストゥリーのハンバーグは断念、残り1枚のチケットは”後バル”だ。

初めて行ってみて、絶対に次回も行きたいと感じたё
[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 21:56 | 函館では
週末の温泉履歴
e0054231_21131051.jpge0054231_21133187.jpge0054231_21135296.jpg

e0054231_211461.jpge0054231_21144423.jpge0054231_211594.jpg

・土曜の日中に厚沢部、乙部、上の国を攻めて、4泉の新規開拓を行う。
 うずら温泉俄虫温泉おとべ温泉花沢温泉。いずれも別記の通り。
・土曜の夜は、定番泉である北美原温泉に行く。

・日曜の朝は寝坊。
・日曜の日中に、函館温泉ホテルを初訪問。これも別記するかも。
・日曜の午後は、芸術ホールでのコンサートからバル街に直行し、温泉には行かず。
[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 21:20 | 温泉大好き!
上の国の花沢温泉を初訪問
e0054231_1102368.jpgこの日、4件目の温泉。おとべ温泉のいこいの湯に満足
した後、上の国に向けて、一路R229→227と南下する。
途中で江差で寄り道してしまい、昼食もお蕎麦屋さんを
2件ハシゴしてしまった。
結局、花沢温泉についたのは15時近くになっていた。
入浴料金は、なんと¥200である。安いё

e0054231_11111852.jpg名称は「花沢温泉簡易浴場」。愛読書によれば、将来的に
本格的な温泉施設する計画があったから「簡易浴場」と
命名されているらしい。その計画がどうなったかは不明。
60.6℃の源泉は、毎分820Lで、しかも自噴!
それが、ひとつづつの内湯と露天に惜しげもなく、
注がれているのだから、贅沢な温泉と言えよう。

e0054231_11231633.jpgまず内湯に、白くまクンと一緒に入る。あまり熱くない。
丁度、管理人さんが湯温を測りにきた。
途端に常連さんと思われる方達が喋り始めたのだが、
訛りが強いのか、声が響き渡っている為か、あまりよく
聞き取れない。どうも「ちょっと温いぞ」って話だったらしい。

e0054231_1124187.jpg管理人さんが戻ると、常連さんが「湯の注ぎ口から離れろ」
と言う。温いので、湯をもっと勢いよく出すって事らしい。
すると、熱き湯が「注がれる」と言うより「噴出する」って
感じで、出始めた。常連さんが満足気な顔を我に向ける。
白くまクンも、44→45℃あたりを指して、キモチ良さそうに
浮いていた。

e0054231_1129157.jpg露天は広くはないが、空いているので十分だ。
仕切りはあるが高くはなく、立ち上がれば、裏山の木々を
眺めることが出来る。
R227から僅か100m程内陸側に入った所にある。でも、
一旦足を踏み入れると、山奥の温泉のような風情がある。
すごいコストパフォーマンスの温泉だё
[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 11:34 | 温泉大好き!
おとべ温泉 いこいの湯を初訪問ё
e0054231_9532786.jpg俄虫温泉を後にして、おとべ温泉に向かった。
もう昼過ぎだったが、どうしても熱い湯に入ってから、
昼食にしたかった。いこいの湯の源泉が69.5℃ある
事は、事前にわかっていた。
⇒愛読書「源泉・かけ流しの湯」(本多 政史 著)

e0054231_1045195.jpg乙部温泉郷は3本の温泉から成り、いこいの湯は館浦温泉
の源泉が100%供給されている。
その辺は帰宅後、乙部町のHPで調べて後から知った。
念の為、入浴前に温泉分析表を見る。
間違いなく、源泉は69.5℃。熱交換で加温も加水も無し。
白くまクンも期待一杯で、入浴する。

e0054231_10124535.jpg足を入れてまず、「熱い」と感じる。そのまま首まで浸かると
それほど熱いわけではなく、程よい熱さだった。
白くまクンは45℃付近を表示。満足げに湯に浮いていた。
露天も同じくらいの湯温。露天は裏山に面していて、
仕切りがなく開放感があってよい。
また行きたい温泉だё
[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 10:21 | 温泉大好き!
今年のスズボクは・・・
信頼出来る情報筋によれば、今月末頃からの営業スタートとなりそうだ。
待ち遠しい。。
[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 09:49 | 食べある記
俄虫温泉を初訪問 
e0054231_9401138.jpgうずら温泉を後にして、俄虫温泉に行った。
名前だけ見ると、ちょっとやな感じだが、決して蛾や虫が
ウヨウヨしているわけではない。
¥400也を支払い、真っ直ぐ脱衣所に向かう。
1分後には、入浴していた。温い。露天は更に温い。
白くまクンも物足りなさそうな顔に見えた。

e0054231_9471886.jpge0054231_9472879.jpge0054231_9473854.jpg
[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 09:47 | 温泉大好き!
うずら温泉を初訪問
e0054231_9311868.jpg厚沢部を攻めてみた。まずは館城温泉に行ったのだが、
13時からの営業。やむなく、その足で「うずら温泉」に
向かった。とてもキレイで清潔感のある温泉。
源泉は約30℃で加温している。熱い湯好きには、
ちょっと物足りない。貸しタオルセットもあり。
いちごが美味そうだった。買ってくればよかった、失敗。

e0054231_9355858.jpge0054231_936684.jpge0054231_9361463.jpg
[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 09:38 | 温泉大好き!
江差_いにしえ街道週間 ①
e0054231_8465152.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2006-04-16 08:46 | 道南百景