2006年 02月 15日 ( 2 )
永寿湯 初訪問(挑戦?)
e0054231_21211637.jpg今更ながら、初訪問だ。
函館に来た当時、何箇所か温泉に行ったが、以後は
西ききょう、北美原、富岡、にしき湯の回数券を購入し、
固定化してしまっていた。
今後は週末に一箇所は新規開拓しようと思う。
e0054231_2125044.jpg昔ながらの銭湯的雰囲気がよい。
洗い場はシンプルで、お湯が出るボタンがひとつと、
頭上のシャワーのみ。浴室全体を2分する位置の
洗い場と天井に木製の柱があり、風情を醸し出している。
地震が来たら大丈夫かな?なんて野暮な事は考えない。
まずは挨拶代わりに、低温浴槽に入る。
おそらく46℃前後あると思われた。我的には、これで充分いい湯温だ。
かなり深さがあり、底に座ったら水没する。

浴槽の中の周囲には段差がある。普通は浅い部分から浴槽の底にかけて、
階段のように垂直な壁となっているが、ここは違う。
底から段差にかけて、オーバーハングになっている。

浅い部分に肘をついて浸かっていると、腰のあたりが熱い。
見ると浴槽の底の部分で、中温浴槽と繋がっている穴があった。
そこから熱い湯が流れ込んで、オーバーハング部分に流れ込み、腰の辺りを
熱くしているのだった。

身体が温まった後、中温浴層に足を入れる。3秒で足を抜く。足が痛い。
高温浴槽に手を入れる。熱い。ちょっと入れない。
でも、是非またリピートしたいと思わせた温泉だ。
[PR]
by m_warekatte | 2006-02-15 21:38 | 温泉大好き!
ほぐされた雪が、、、
車を立ち往生させる。

18:30過ぎに退社する。気持ちは、北美原温泉に向かっていた。
自宅前の交差点が明るい。少なくとも2台以上の車が、ハザードを点滅していた。

20cm以上はある根雪が一旦溶けかかってから、また気温が下がり始めてシャーベット状に
なる。そこに車が通過して、固まらず溶けずでザクザク状態だ。

4トン車と2トン車が停まっている。
話を聞けば、最初に4トン車が立ち往生して、後ろからきた2トン車が停車して手伝おうと
していたら2トン車もハマッたらしい。やがて、動けるようになった4トン車がロープを繋いで
2トン車を引っ張るが、脱出出来ない。これは人力では、どうにもならなそうだ。

更に個人タクシーもハマッていた。トラックは人力では無理と思い、個人タクシーを押す。
後ろから押して、少し前進してハマる。今度は前から押して、少し後進してまたハマる。
これを5~6回繰り返す。自宅は目の前だが、当然知らぬ顔は出来ない。

タクシーの後輪がスリップして、シャーベット状の雪が、我の足元を直撃する。
もう、膝から下は水浸し、いやシャーベット浸しだ。
途中から、腰が健常でない事や1年前に足首を骨折した事も忘れて、渾身の力をこめて
車を押す。

ようやくタクシーは脱出し、トラックには申し訳ないが帰宅、北美原温泉は断念して、
速攻シャワーを浴びる。外を見ると、まだトラック2台は動けずにいた。
やがて警察と思われる人たちや、バギーが出動して引っ張る。

我が帰宅してから約1H後、ようやく2台のトラックはいなくなった。
しかし、その10分後に外を見ると、3台の乗用車がハザードを点滅させていた。。。
[PR]
by m_warekatte | 2006-02-15 21:06 | 函館では