2005年 12月 25日 ( 2 )
Antica Osteria dell'Alba 大満足ランチ
e0054231_16213397.jpg
まず前菜から、ヤラれる。
見た目の美しさに負けないその美味さё 食べある記系記事には珍しく、冒頭から大写真だ。
カンパチとキャベツの・・・。
食いしん坊だが、調理や素材の知識の無い我の記憶には残っていないのだが。

2度目だが、前回は1年以上前の事で、具体的に何をいただいたかさえ、記憶に無い。
しかし、「確か本格的なイタリアンだったな」との記憶ははっきりとあった。
我が家的には、パスタ戦争が勃発し、再訪が避けられない情勢となっていた。

e0054231_16272459.jpge0054231_16273458.jpge0054231_16274350.jpg
今回いただいたのは、Aコース(ランチ?)で、¥1,575也。
2品目の前菜もまた美味いё 料理が運ばれてくる度に、説明を受けるのだが、
前提知識がないので、記憶に残らない。覚えているのは、牛肉のグリーンソース添え。
もうひとつは自家製テリーヌ?・・・これもお肉系。その間に添えられた、ソースも激ウマだ。

パンも美味いё そして店員の方々の接客が気持ちよい。接客時の落ち着いた節度が
保たれた態度。さりげなく、客の食の進捗具合と、厨房の進捗具合を観察している。
客の皿が空になって手が空いているから皿をさげる、のではなく、次の料理の準備が
出来たのを見計らってから、皿がさげられる。そんな風に見えた。

今日はまだ空いている時間帯だったからかもしれないが、少なくともその辺が意識されて
いることはわかった。テーブルに出す前にも、必ずカウンターで皿の縁についたソース類を
きれいに拭き取っていた。

パスタは、20種類近くあり大いに迷うが、いつも通りカルボナーラとした。
これも美味いё これまでいただいたカルボの中で最上級に属する。
この辺は、いずれ総括したいと思う。 

e0054231_16395515.jpgデザートはワゴンに運ばれてきた数種類から、目の前で
選ぶことができる。アールグレーのケーキをいただく。
コーヒーも手抜きの無い、美味しいコーヒーだった。
今日いただいた料理は全て美味かったё
その美味さに関しては、つまらない表現をしたくない。
「力のある」イタリア料理店であることは間違いない。
[PR]
by m_warekatte | 2005-12-25 16:48 | パスタ大好き!
「こぶた」のワンコインランチ
e0054231_8481582.jpg七飯町のR5沿い、函館から行くと大中山を過ぎて、
しばらく走った右手に現れる、黄色い目立つ建物。
とんかつ専門店にして、その名も「こぶた」である。
そのストレートなネーミングに、好感を禁じえない。
さぞや、粋でシャレのわかるご主人ではないか?
と思ってしまう。
さて、ここは2回目だ。1回目はもう1年以上前だっただろうか。
その時にいただいたのは、セ・ボンカツ定食。
一度煮込んだお肉をカツにしていて、その味わいは名前の通り、フランス料理を思わせた。
店内に貼られている過去の雑誌の記事によれば、ご主人は元洋食シェフ。
そのイデタチも、洋食シェフそのもの。「とんかつ専門店」を謳いながらも、メニューを見れば、
ビーフシチューやハンバーグといった洋食が並ぶ。

e0054231_928314.jpge0054231_9284110.jpge0054231_9285039.jpg
さて、今回いただいたのは「とんかつ定食」¥500也、これは驚きである。
メインのとんかつは2枚。一枚は小さいが、これがまた良い。
とんかつに幅があると、一口で食べるには大きく、でも二口で食べると口の中の充足感に
欠ける、という事態が発生する。ここの小さめとんかつは、一口で食べるのに丁度良い。
更に美味い。安いとんかつだと、お肉がハムのように薄く、衣がタップリなんてパターンも
ありがちだが、しっかりとした厚みを有している上に、衣もまた美味い。

e0054231_9345540.jpgこれに、ごはん、味噌汁、お漬物、酢の物、当然キャベツが
ついて、更にみかんがあって、お気楽ご自宅気分だ。
更にコーヒーが出てきて、度肝を抜かれた。
見慣れない客とみて、サービスでもしてくれているのか
と、一瞬疑ったほどだ。
次回は、ビーフシチューをいただきたいと思っている。
[PR]
by m_warekatte | 2005-12-25 09:39 | 洋食大好き!