2005年 12月 16日 ( 2 )
顔は男の履歴書 ~耐震偽装 登場人物~
もう20年以上も前だろうか。
当時、日本プロボクシング界には世界王者が数人いた。その内の一人、具志堅用高を擁する金平会長が、対戦相手に毒入りオレンジを差し入れしたとの疑惑が発生したことがあった。
その時の週刊文春の一面グラビアに、金平会長の顔が大きく掲載された。
そのタイトルは「顔は悪の履歴書」。
我ながら、よくこんな事を覚えていたと思う。
当時、高校生だったか大学生だったか忘れたが、毎週週刊文春を読むオヤジくさい
若者だったのだ。まーそれはともかくとして。

これはあるきっかけがあって、眠っていた記憶の引き出しが、開いたのである。
そのきかっけは、国会参考人質疑他でTVにマスコミに登場したH社のO社長の顔である。
勿論、彼が悪と判明した訳ではなく、あくまでイメージとしてだが。

参考人質疑を経て、証人喚問が実施され、数人の人物の顔が登場した。
「この人は、本当の悪事をはかれる人じゃないな」とか、
「この人は、答弁している時は誠実にも見えるが、腹の内はどうなんだろうか」とか、
「この人は、他人の答弁を見る視線が、やたら鋭いな」とか。
我は夜のTVニュースを垣間見た程度であるが、同様に感じた方々も少なくない
のではないかと思う。

さて本当の悪はどこにあるのか。現在マスコミに露出している人物は、まだ表面上の駒で、
そのバックに巨悪が存在するかもしれない。
また罰せられるべき個人は当然複数いるとして、
このような事態を引き起こした背景や構造的問題を掘り起こして対策を講じない限り、
数年後に同様の問題が出るのだろう。

「弱い自分がいた」と告白した姉歯氏。業界関係者は「このような偽装は聞いたことがない」
と口を揃えるが、誇りある一級建築士も生身の人間。
コストダウンが大命題であることは間違いなく、微妙な言い回しで違法範囲を迫る建設会社も
K建設だけではない、と捉えての対応も当然必要だ。
今この瞬間に、姉歯氏に同情する一級建築士や、
あわてて”対策”を講じている建設会社がいない事を祈るばかりだ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-12-16 21:09 | 報道に思う
今週の履歴 ○○○○○●●
5勝2敗。先手必勝。
今週も早めに、白星を積み上げる予定。
[PR]
by m_warekatte | 2005-12-16 20:16 | トレーニング