2005年 11月 23日 ( 5 )
La tachi(ラ・ターチ) おすすめランチ
e0054231_20495268.jpgスズボクで、ソフトクリームの食べ収めをして、
函館方面に戻る。ずっと気になっていた、ラ・ターチ。
フレンチ系と認識していたが、パスタがあれば
我が家的パスタ戦争の一環として、いただこうと
思っていた。行ってみると、3~4種類のランチの
選択で、パスタは無かった。

e0054231_2054852.jpgいただいたのは「おすすめランチ」。
はじめに出てきたスープからして、キテいた。
ベーコンとキャベツのスープ。程よい熱さで提供される。
キャベツの甘みが、しっかり主張されている。
無言のまま、時々頷くのみで、カップを空にする。

e0054231_20574253.jpgメインに出てきたミックスグラタン。激ウマё。
何が、どう美味いのか、うまく解説出来ない。
とにかく、最初の一口いただいて、飲み込む前に
もう「激ウマё」と感じていた。
チーズの味、焼き目がついた部分の味、チーズの
切れ具合、全て良し。

e0054231_2111662.jpgデザートは、カラメルのムース。
見た目通り、上層部はクリームと共にいただき、やや甘い。
けど美味い。ムースだけいただくと、やや苦味もあって良い。
写真が無いが、サラダとパン(ライスも選択可)も、
美味しかった。当然、コーヒーもあり。
これで¥980は、かなりのパフォーマンスだ。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-23 21:06 | 食べある記
フラッと大沼へ
天気予報によれば、午後から崩れる筈だった。
午前中は、雲も少なく空気も澄んで、横津の左手向こうに駒ケ岳の雄姿が、
函館山の麓からも確認出来た。
谷地頭温泉後、初訪問の「宝来パン」で買い求めた美味しいパンと、ベーコンエッグと、
お約束のギネスの朝食後に、大沼に向かった。

e0054231_16471041.jpge0054231_16473160.jpge0054231_16475158.jpg
湖畔のレストラン・リバージュの所を入って、湖面越しの駒ケ岳を眺める。
青空の元、風の少ない中、湖面は碧く静かに輝いていた。
駒ケ岳も頂上付近を中心に、白くなり始めていた。

e0054231_16544299.jpge0054231_165545.jpge0054231_16551626.jpg
一面に苔が張った、林に向かうこみち。何故か、カラスが多い小島。
レストラン入り口付近の紅葉。もうちょっと、暖かい内にくればよかった。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-23 16:57 | ドライブ大好き!
耐震強度偽装問題
以前のブログでは「報道に思う」なんてカテゴリを設けて、それこそ勝手な論陣を張っていた。
水曜の祝日、大沼にドライブして、今年最後のスズボクを堪能して、ラ・ターチで大満足な
ランチをいただき帰宅すると、ワイドショーでは、掲題の件が取り上げられていた。

酷い話だ。いつ何時、大きな地震がきてもおかしくない地域でもあるし、既に安眠出来ず、
食事も満足に喉を通らない住民の方々もいるという。

素人目でTVを眺めていて、最も危惧するのが、「氷山の一角ではないか?」との疑念だ。
マスコミのインタビューに応じる姉歯一級建築士の、堂々とした、とも言える態度には、
「ずいぶん皆さん騒がれていますが、ギョーカイでは暗黙の常識ですよ」と顔に書いてある
ように見えるからだ。

これは、ひねくれモノの我の目だから、そう見えるのかもしれない。
でも、建物を建てる過程で、建築士に限らず、見る人が見れば「おかしい」と気づく筈では
ないか?と素人は思う。つまり、ひとつのプロジェクトにおいて、確信共犯者が複数いないと
成り立たない犯罪ではないか?と思うのである。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-23 15:10 | 報道に思う
今日の一枚 朝の海の輝き
7時頃。漁火通りの函太郎駐車場から。
e0054231_10122015.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2005-11-23 10:12 | 道南百景
久々のアサヤチ(朝谷地)
e0054231_947386.jpgずっと夕焼けの写真ばかり撮っていた。
朝焼けの写真も撮りたいと思っていた。
ちょっと寝坊。東の空は厚い雲に覆われている
様子が自宅から窺えた。逡巡した後、家を出て
海岸に向かう。僅か5分以内の出遅れで、一番
焼けている刻を外してしまった。でも美しかった。
カモメたちも朝陽を楽しんでいるように見えた。

e0054231_9525928.jpg物足りず、立待岬に向かうが、ゲートが閉じていた。
少しでも高い位置に行って、津軽海峡や横津の山々
を見たいと思い、b@kuに向かう。
いずれ攻めなければ、と思っているお店だ。道順の
下見を兼ねて(と言っても、立待岬入り口すぐ近く)、
行った。残念ながら、周辺に電線が多くて、いい写真
は撮れず。

e0054231_957497.jpgその後、谷地頭温泉に行く。
時刻は7:30前くらいだっただろうか。
既に常連さんと思われる方々を中心に、ざっと
4~50名入場していた。目に入った限りでは、
我が最年少だ。この時期は、露天でじっくりと
温まった後、外の締まりのある空気に身体を
晒すのが、とても心地よい。
[PR]
by m_warekatte | 2005-11-23 10:02 | 温泉大好き!