2005年 10月 31日 ( 1 )
らーめん りきや
10/10に西桔梗にオープンした新しいお店。
丁度昼時、コンビニのおにぎりで安く昼食を済ませようか、
としていた仕事途中に発見する。一旦、やり過ごすも、また戻ってしまった。

メニューの基本は、醤油・みそ・塩。ネーミングとしては、それぞれ
「骨太」醤油・「ねかせ」みそ・「香り天然」塩、といった枕詞がついている。
何を食べるか迷う。

初めてのお店では、オーソドックスなメニューをいただく方針だ。
パスタ戦争においても、ペペロンティーノやボロネーゼ、カルボナーラといった、
どこのお店にもあるであろうメニューをいただき、
生意気にもそのお店の実力を測らんとしている。

どこにでもある質素な料理の中にこそ、作り手の実力やセンスが現れる、
と素人なりに解釈している。
で、函館でラーメンと言えば、塩が基本かもしれないのだが、
元々関東人なので、ついつい醤油を注文してしまう。

出てきた醤油ラーメンは、見た目ガツンと濃いぃ感じだ。
スープには透明感なく、表面には背脂が浮いており、表面のみ透明感がある。
つまりスープの上澄み部分は脂分であり、見た目はマー油っぽく見える。
また、焦しネギと思われる濃い茶色も散見される。

食べてみると、見た目程の濃さはなく、かと言ってサッパリしている訳でもない。
麺はしっかりと縮れており、スープがよく絡む。
ネギはありがちな輪切りではなく、斜め切りで、ネギの味がよくわかる。
具にはネギだけでなく、モヤシや玉ねぎ、更に挽肉等が、
主役の麺やチャーシューを邪魔しない程度の少量含まれている。

全体としては、いまひとつ「方針」というか「キャラ」というかが、やや中途半端に感じた。
見た目通り、もしくはそれ以上のコッテリ系か、見た目に関係なく旨味系か、
はたまた見た目を裏切るサッパリ系か、
分類するならコッテリ旨味系ってところと感じたが、その辺の主張がやや曖昧に感じた。

お店の雰囲気は良い。ご主人の他、厨房に3名、接客対応に2名のアルバイト。
時々、従業員同士での笑いが聞こえる。
この笑い声が大きかったりするとヒクが、程ほどの笑い声で、笑いの発生源は
ご主人のようである。まだ開店して1ヶ月弱、お店の雰囲気にも配慮していると思われる。
手が空くと、ご主人自ら接客対応したり、
さりげなくカウンターやテーブル席を見て回ったりしている。

次回は、香り天然塩を食べてみたい。

※仕事中はデジカメ持ち歩かないので写真無し。写真がないと文章がくどいなぁ。。
[PR]
by m_warekatte | 2005-10-31 21:15 | ラーメン大好き!