ちゃっぷ林館 <北海道 森町>
29日(月)の話。缶詰記事です。

e0054231_15175615.jpg
昼前に入る。平日の午前であり空いているが、それでも常連とおぼしき年配の方々が、ざっと20名ほど入泉済み。露天に人がいないのを確認して、すかさず撮影するが、あいにくの天候で正面に望める筈の駒ケ岳の雄姿が、全く見えない。

町営の温泉であり、民営に比べ全体として広々とした配置で、ノンビリ出来るのが特徴だ。この辺りは、函館市営の「谷地頭温泉」、大野町営の「せせらぎ温泉」、七飯町営の「アップル温泉」にも通ずる。

特に、ちゃっぷ林館には、内湯と露天に、それぞれサウナと水風呂が設置されている。露天もひとつだが広々として、露天風呂内に「ひとり風呂」が造られている。

また温泉の入り口付近では、地場の新鮮な野菜を、安く大量に買い求めることも出来る。次回は是非、駒ケ岳の雄姿が見える日に行ってみたい。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-03 15:19 | 温泉大好き!
<< 一文字(七飯) ~塩ラーメン~ 今週の履歴 ●●●●○○● >>