函館開港150周年記念事業
e0054231_21192792.gif
来年は開港150周年。
知られているようで、あまり知られていないような気が。

人口も観光客も減少の一途を辿る中、
やっぱり函館っていいな!」と、元気復活のキッカケとする大きなチャンス。
一方で「やっぱり、こんなもんか。」と、なるのか。

5年後10年後の函館の趨勢を左右する、
重要な要素のひとつであることは間違いない。決して大袈裟ではなく。

にしては、今のところ寂しい点が垣間見える。
 
 市民スタッフ足りない… 函館開港150周年

そして、

 函館開港150周年記念事業公式ブログの訪問者数の少なさ
 (現段階では更新頻度が低いこともあるが)

と文句ばかりでなく、まずはすぐに自分が出来ること。
ホントささやかながら、本記事をとりあえず1月末までトップにおきます。

ここから、10人でも20人でも、他のサイトに飛ぶなりして関心を持ってもらえれば。
「まだ先のこと」「誰かがやるだろう」ではなく、自分たちの事として。

全然、時間はない。
本来であれば、せめて方針なりグランドデザインが見えていないと拙い時期。

 既に、hakodadiさんがトップ記事に。
 情報量はキトラさんの記事にて。

※本記事は、状況の変化に応じて、適宜修正加筆することがあります。
[PR]
by m_warekatte | 2008-01-31 23:59 | 函館では
<< 不易流行 北海道新幹線開業に向けたまちづくり >>