鳳凰美田の芳香とキレ
e0054231_2124938.jpg

1年中、ビールを飲む。
そして夏の間は、焼酎も飲む。冬の間は、日本酒。
まだ暑い日もあるが、早々と”衣替え”。

蔵舎に行く。まずは、黒龍のいっちょらいかな、と思っていたが変更。

 鳳凰美田 しずく絞り斗瓶取り・純米吟醸生

社長に勧められるがまま、香りをいただく。
瞬時に十四代を思い出した。甘く香しい。

立ちのぼる芳香通り甘い。でもキレがあって、決して甘ったるくはない。
しばらく定番化しそうだё
[PR]
by m_warekatte | 2007-09-10 21:08 | 日本酒大好き!
<< 海からの風景 ① 頑張ってる、まちづくりセンターの肖像 >>