第22回南かやべひろめ舟祭り
e0054231_2018594.jpg

8時前には函館を出発する。
南茅部線のトンネルを通過する手前から、山に低くガスが垂れ込めていた。
噴火湾側に来たら、もうかなり白かった。

でも祭りの熱気は、ガスなど何の関係も無し。



e0054231_20234252.jpg

e0054231_20241462.jpge0054231_20242482.jpge0054231_20243581.jpg
女性の部優勝の「縄文レディース」。
歯を食いしばって頑張る、本庁チーム。
前半横一線の漁場対決。

雰囲気を味わえたのが、漁場対決。流石に他の対戦と違う。
中学生に始まり、初心者対決等。
この辺だと、一旦舟が方向性を失うとなかなか修正が出来なかったりして、
「後悔先に立たず(チーム)が、スタートラインに戻っちゃった」なんて実況も。

ところが流石は漁場対決。
方向性を失うチームは全くなく、一直線に進む。
凄かったのが応援。のんきに写真なんか撮ってたら、踏まれそうな勢いだった。

e0054231_20542110.jpg実行委員会の副会長さん?の実況が面白かった。
昭和30年代を思わせるレトロ感たっぷりの実況。
舟とゴールの距離は、「あと10m!」だけど、
舟と舟の間隔は、「○○と10馬身差で○○」。
限定1000杯の浜なべもエビたっぷりで美味かった。
また行きたいお祭りだ。

e0054231_2111280.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2007-06-09 21:01 | 函館では
<< 次郎うどんで、冷やししょうゆを 香雪園の風景 ⑥ >>