バル街 あっという間に9軒(+1)
e0054231_23484077.jpg

5枚綴りのチケット。これでは足りない楽しさがあり、10枚消費した。



e0054231_2350331.jpge0054231_2350138.jpge0054231_23502174.jpg
まずは、「カフェ&ダイニング かねもり」から。
まだ外は明るく、建物の向こうには、どつくのクレーンが見える。
美味しい生ハムをいただきながら、生ビールを2回傾けると空になる。

e0054231_23541165.jpge0054231_23542413.jpge0054231_23543884.jpg
e0054231_2355961.jpge0054231_23552024.jpg2軒目は、「Bar Time」。
JAMで見た美人姉妹に
会いたい上に、
ヨーロッパの生が飲める
お店で、以前から大いに
気になっていた。

ピンチョスもヒューガルデンも美人姉妹も、期待を裏切らず、
更にサービスでいただいた、オクラの漬物が絶品。

e0054231_23594441.jpge0054231_23595627.jpge0054231_005629.jpg
3軒目は「めっし 田本」。
そのネーミングだけで、興味が沸く。
これまた、あっという間に、白ワインを飲み干す。

e0054231_021157.jpge0054231_022295.jpge0054231_023314.jpg
4軒目は、「中国屋台 うじうじ飯店」。
ようやく、外が暗くなってきて、お客さんも沢山。
紹興酒をいただきながら、大好きな鶏料理をむさぼる。

e0054231_042816.jpge0054231_044017.jpg
5軒目は、「Kichen Bar BORDER」
この頃には、酔いもまわり始めて、お店の看板の写真を撮るのを忘れる。
ブラウマイスターが美味い。パンに添えられたペーストも美味い。

e0054231_07527.jpge0054231_08255.jpg
6軒目は、「五島軒」。
言わずと知れた、函館の有名店。入店して即、カレーの香しい香りにヤラレル。
勿論?ピンチョスにカレーは無理。でも、是非次回、カレーを食べに来たいと思わせる。

e0054231_0102758.jpge0054231_0103769.jpge0054231_0104729.jpg
7軒目は、「IRISH PUB EILYE'S 元町店」。
その名の通り、アイリッシュパブ。ここはやはりギネス。

e0054231_013797.jpge0054231_0131936.jpge0054231_0133134.jpg

8軒目は、「ペンション 坂のうえ」。
酔いも進み、写真もピンボケが多くなってくる。

e0054231_015443.jpge0054231_015144.jpge0054231_0152494.jpg
9軒目は、「ル・コントワール」。
22時を過ぎて、空いているお店も限られてくる。
従い、人通りも比較的少なくなってくる。
が、空いているお店へのお客さんの入り具合は、逆に加速する。
ここで、チケットを2枚消費。生を2杯飲んで、落ち着く。

バル街が定着してきている空気を感じる。
人通りには、本町や大門の夜とは異なる雰囲気があり、行き交う人々はなごやかに
お互いの顔を見ている。「誰か、知り合いがいないかな?」そんな顔だ。

今は年2回。年3回→4回と増えたらいいな、と思った第7回バルだった。
[PR]
by m_warekatte | 2007-04-25 00:22 | 函館では
<< 自然の芸術 ~道南四季の杜より~ ③ 自然の芸術 ~道南四季の杜より~ ③ >>