櫓そばで、中華そばを
e0054231_1941168.jpg前回訪問時には、櫓そば全部のせをいただき
そのコシのある細麺と魚介系のスープに魅せられた。
そして今回は中華そばをいただく。
まずはスープをいただく。
「ん?」ちょっと期待が大き過ぎたのだろうか?
シンプルかつ魚介の香りのあるスープを想像していた
のだが、ちょっと違う印象。
一文字系の甘味のある塩味と、まんまるてい系の魚介系シンプルの中間な感じ。
それぞれのいいところが、うまく融合しているというよりは、どっちつかずの印象に
感じてしまった。でも、これはあくまで我の印象であって、人それぞれであろう。

我的には、やっぱり櫓そばでいただくのは櫓そば、ということになりそうだ。
[PR]
by m_warekatte | 2006-10-03 19:55 | ラーメン大好き!
<< ナナカマド 函館市立中央図書館の風景週間 ③ >>