ギョッ!!! 城岱で小熊に遭遇
e0054231_20295589.jpg今思えば、通報しなきゃいけなかったんだろうか。
本日の13:30頃、城岱牧場を越えて大沼方面に
下っていった途中で、小熊に出会った。

最初は、何の生物かわからなかった。
「クマだぁっ!」と気付くのに、1秒近くを要した。

麺屋しくぅはっくぅで、1年ぶりの柚子冷やしをいただき満足後、城岱に向かった。
ノンビリと、暑さにヤラレ気味にも見える牛さんたちを見学後、山を下る。

右にカーブをきる。道路の左手に黒い物体が見えた。
4足で立っていたその生物は、かなり黒に近い、濃い茶褐色の毛に覆われ、
第一印象は「ずいぶんと体格のいい、特に足がガッチリした犬だなぁ」と感じた。

次の瞬間には「何で、そんな犬がここにいるんだ!!?」
さらに「いや犬じゃない!クマだぁ!!!」
と気付くのに、1秒近くかかったのである。

近くには、親熊がいる筈だ。迂闊に小熊に近づけない。
車を止める。助手席では、奥さんがあわててカメラを構えるが、
動揺が激しく、ピントを合わせることが出来ない。
冒頭の写真は、小熊が左から右に道路を横断し終えたところである。

一方、我は親熊の出現を警戒し、前後左右の草むらに注意する。
最後草むらで立ち上がった小熊は、我と同じかややデカイくらいの体格に見えた。

山を降りて、大沼湖畔の道路に出る。
やたらと疲れているのを感じる。考えてみれば、動物園以外で、すなわち野に放たれた
野生の生物で、自分と互角以上の体格の生物と遭遇したのは、生まれて初めてだ。
わずか数秒の出来事だったが、かなり特殊なアドレナリンが分泌されたのかもしれない。

いや、ホントびっくりしたё
[PR]
by m_warekatte | 2006-08-05 20:45 | 函館では
<< 波多野農園の花畑週間 ① 昆布館 花畑週間 ⑦ >>