熊嶺荘を初訪問
e0054231_2254757.jpg




e0054231_2264011.jpge0054231_2265014.jpge0054231_227180.jpg
函館からR5を北上し、熊嶺荘の看板を左折する。
左折する場所にしか、看板はない(と思う)。左折してから約12km、山側に進む。
左折してすぐに踏み切りを渡ってから、ずっと両サイドは山。

鹿がいてもいいくらいの風景。途中にいた牛さんの動きも、心なしかスローに見える。
熊嶺荘の入り口以外、途中に看板は1~2箇所しかない。
普通なら「あと○km」って看板が、数箇所あっても良さそうだが、あまりない。

男女別の内湯があり、露天は混浴。
内湯の男女の境にドアがあり、女性が露天に行くには、男湯を経由していくことになる。
逆に男湯から女湯にも、行けてしまうのかな?などと余計なことも考える。

露天の前は木々があり、その向こうは清冽な川が流れる。
晴天の中、湯面に木々が映っていた。
湯温は熱くもなく、温くもない。秘境と言ってよい温泉だё
e0054231_2216382.jpg
e0054231_22164916.jpg

[PR]
by m_warekatte | 2006-06-27 22:17 | 道南百景
<< ”もどきの丘”も夏_週間 ④ 噴火湾パノラマパーク週間 ③ >>