薬師温泉
e0054231_1139034.jpge0054231_11391248.jpge0054231_11392746.jpg
土曜日に道南、ニセコ温泉ドライブを企んでいた前夜、
某居酒屋で、薬師温泉が良い、との情報を得て訪問する。

残念ながら写真は無い。でも入浴した我の脳裏には、その温泉の味わいや雰囲気が、
しっかりと残っていて本人的には満足だ。

今はまだ露天がオープンされておらず、内湯の透明湯と濁り湯のみ。
場所が離れていて、脱衣所も別々なので、いちいち着替える必要があるが、
勿論両方の湯に浸かる。

まずは透明湯に。それほど広くはない浴槽に、既に先客が3名いた。
深い。1.3mほどあるだろうか。途中に段差があって腰掛ける。湯は温めだ。

続いて、濁り湯に。こちらは混浴。透明湯と同じく深い。
時々、ブクブクと気体が出てくる。生きている温泉って感じだ。
温めなのに、入ってから3分もしない内に、僅かに汗ばむ。
その後、汗だくになることはなく、ゆっくりと浸かった。

浴槽や内湯の壁、宿の外壁など、木が使われていて、歴史と味が感じられる。
秘湯 菅野温泉に通じる雰囲気を感じた。
[PR]
by m_warekatte | 2006-06-03 13:00 | 温泉大好き!
<< 紅葉音で硫黄の香りに 黄金温泉から、羊蹄山を望む >>