秘湯 菅野温泉に
e0054231_925149.jpg




温泉ファンならば、一度は行ってみたい温泉だ。
その山奥度、源泉の豊富度、ひなび度。どれをとっても文句なし。

山奥の道を進む。日陰のカーブ路面が濡れていると、「まさか」と思うが、
夏タイヤなのでちょっとビビる。山道の終点が、菅野温泉だ。
一軒宿の入り口付近では、鹿がお出迎え。

日帰り入浴で¥1,000。なかなか強気な値段設定だが、それだけの価値があるのだろう。
宿の主人と思われる方から、説明を受ける。中浴場のみ、女性専用とのこと。

大浴場には3つの浴槽があるが、全て源泉は別になっている。
中浴場も然り、2つの浴槽があるが源泉は別。
源泉毎に効用が異なるので、お客さんの要望に応える為には、
混浴にせざるを得ないのだという。

全ての湯を満喫しようと意気込んでいた、我の意図を見透かしたように主人が言う。
「それぞれ効用が違うので、一度の複数の湯に入ると身体に負担がかかるので、
 止めた方がいいです」

e0054231_9131055.jpge0054231_9133268.jpge0054231_9141044.jpg
うーん、なるほど。でも、聞こえなかったことにした。
まずは露天に入る。すぐ前方の小さな滝付近にも、鹿がいた。
湯は温いが、温まる。浴槽の木枠から、泉質の濃さと年季が感じられる。

大浴場は、ひょうたん型の大きな浴槽と、写真は撮れなかったが小さめの浴槽が
あと2つある。皆、如何にも温泉に入り慣れている感じで、ゆったりと時間を過ごしている。

宿も建物自体も、歴史を感じる。
風情や泉質、人里離れた感を求めたら、最高の一軒宿だと思う。

e0054231_9205774.jpge0054231_9211545.jpge0054231_9213379.jpg
[PR]
by m_warekatte | 2006-05-01 15:00 | 温泉大好き!
<< 空の広さと美しさ 「道の駅しかおい」の牛乳ソフト >>