花園温泉 初訪問
e0054231_9334398.jpgなんとなくいつも通過していた。また花園まで行く手前で、
にしき湯に立ち寄ってしまうという事情もあった。
入場すると、横に広い。入り口から近い右手の方に
吸い寄せられるようにして暖簾をくぐった。
こちらが「新館」のようだった。
お客さんが沢山入っているが、キャパがあるので混みあっているような感じはない。
身体を洗い流して、低温湯にご挨拶。けっこういい湯温だ。
そこで高温湯に入るが、これが熱い。10秒せずに出る。足が痛い。

サウナ前に大きなクーラーボックスがあり、氷がこれでもかっ!てくらいに入っている。
その使用目的が、にわかにわからなかったが、口に含んでサウナに入る流儀らしい。

露天には寝湯スペースが2箇所。屋内の低温湯と繋がっているようだ。
露天としては、もう少し熱いとありがたいか。

一通り入浴したりして、「さて、本館(旧館)の方はどんなだろう?」という興味が沸く。
同時に新館と本館のハシゴって、有りかな?という疑問もあった。

服を着て新館を出る。本館方面にあるTVを見ながら、本館に向かって普通に歩く。
そのまま本館の暖簾をくぐる。パッと見た目、新館とあまり変わりないように見えた。
が、折角入場したので、まだ裸になり入浴する。基本的な造りは新館と同じだった。

最後に番台の方に聞いてみた。1回の料金で新館と本館の両方に入浴可能ですか?と。
どうしても、というお客さんにはバスタオルを巻いた状態で、移動してもらうそうだ。
着替えたら、もうダメというお答え。浴場法かなにかのルールがあるのだろうか。
「そうですか。じゃ、またきます」と言って退場。
よい子の皆さんは、決してマネしてはいけません。
[PR]
by m_warekatte | 2006-02-18 10:13 | 温泉大好き!
<< 長月で、海老かき揚げせいろ 今週の履歴 ○●●●△休休 >>