南かやべ とことん浜味祭り
e0054231_2255917.jpg椴法華から、一路南茅部に向かう。
右手には、真っ青な海が広がり、行く手前方には、
僅かに小さく、しかしクリアに駒ケ岳が確認出来る。

祭り会場まで「あと4.5km」の立看板を見てから間もなく、
短いトンネルを抜けると、右手に大漁旗が海風になびいて
いるのと同時に、ドカーンと演歌のBGMが聞こえてくる。

何とか、マグロ解体開始前に、会場に着く。

e0054231_22124481.jpge0054231_2213342.jpge0054231_22131471.jpg
解体に使用されたマグロは60kgで、小ぶりな部類だ。
これまで何回か、マグロ解体を見てきたが、100kg超の魚体の場合は、日本刀の如き
長い特製の包丁を使って、マグロを切っていく。
今日は小ぶりだったせいか、割と通常サイズの包丁で、全て解体されてしまう。

支所で講演か何かがあるのか(よくアナウンスを聞いていなかった)、
俳優の刈谷 俊介さんが来場してご挨拶。TVに出ている人は、何かしらオーラが出ている。

¥100の、浜なべが美味かった。ゴロゴロと鮭やイモやゴボウ他が入っている。

e0054231_2220544.jpg鮭のつかみ取りが始まる。
捕ったばかりの鮭を積んだ漁船が、そのまま会場に横付けされる。
総勢168人の子供達が、元気よく鮭を捕まえる。
恐がっている子供は、殆どいない。どちらかと言うと、
女の子の方が元気よく、すぐに鮭を捕まえてしまう。
女は、生まれながらにして女なのだ、と勝手に感心したのだった。
[PR]
by m_warekatte | 2005-09-24 22:29 | 函館では
<< 函館ハーフマラソン 天気が良いので 戸井~南茅部~... >>